毎年、驚くほどの進化を実感させられるのが、UVケアアイテム。各メーカーがこぞって最先端の技術を搭載するため、日焼け止めのトレンドには、その時代に求められていることが色濃く反映される傾向があります。

そして近年、大きな問題として議論を呼んでいるのが、日焼け止めによる海洋汚染。特に、紫外線吸収剤によるサンゴの死滅や海洋生物への影響が問題視されていて、ハワイやパラオなど、ビーチが観光スポットになっている国々では、有害指定化学物質を使用した日焼け止めは販売が禁止されたり、持ち込み自体が禁止されていたりも。実際に日焼け止めを塗って海に入らなくても、バスルームで洗い流した排水が海に流れ込む可能性を考えると、日常生活から考えたい環境問題のひとつなんです。

今日のEditor's Pick!

スキンアクア ネクスタ シールドセラム UV エッセンス SPF50+・PA++++ 70g¥1,760(価格は編集部調べ)/ロート製薬 06-6758-1230

スキンアクア ネクスタ シールドセラム UV エッセンス SPF50+・PA++++ 70g¥1,760(価格は編集部調べ)/ロート製薬 06-6758-1230

UVケアが広く浸透している日本では、多種多様な使用感や処方の日焼け止めがあるけれど、環境への影響の認知はまだまだこれからなところも。そんな中、今年『ロート製薬』からデビューしたUVケアシリーズ「スキンアクア ネクスタ」は、“人も地球も健やかに、美しく”というコンセプトのもと、環境への悪影響が懸念される成分を排除して作られた新しい日焼け止め。サンゴの死滅の一因となっていることが発表されている紫外線吸収剤「オクチノキサート」と「オキシベンゾン」をはじめ、「パラベン」「マイクロプラスチックビーズ」など、海外で不安視されている日焼け止めの成分を排除しているんです。

日焼け止めの環境問題を考えるきっかけに。次世代UVケア「スキンアクア ネクスタ」_2

エッセンスタイプとミルクタイプの2種がありますが、より私のお気に入りはエッセンスタイプ。ボディはもちろん、顔にもスキンケアの延長のようにみずみずしくなじみます♡ 使い心地のよさは、すでにファンも多いほかの「スキンアクアシリーズ」に並ぶどころか、同社のUVケア商品内最大級の贅沢な美容液成分配合で潤いの持続感がパワーアップ! それでいて、UV防御力は最高値。マスクをしてもくずれにくい処方や、洗顔料やボディソープでオフできる肌への負担の少なさといったところも、時代のニーズがきちんと反映されているなと感じます。

日焼け止めの環境問題を考えるきっかけに。次世代UVケア「スキンアクア ネクスタ」_3

より密着感の高いさらさらのミルクタイプも◎。スキンアクア ネクスタ シールドセラム UV ミルク SPF50+・PA++++ 50ml¥1,760(価格は編集部調べ)/ロート製薬

日焼け止めの環境問題を考えるきっかけに。次世代UVケア「スキンアクア ネクスタ」_4

私たちエディターがチェックする製品リリースの冊子には、波打ち際に置かれた「スキンアクア ネクスタ」のビジュアルが。

これまでも環境への配慮を謳った製品は日本でもさまざま発売されてきていますし、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルなものを使う選択肢ももちろんあります。でも、これまでいろんな肌悩みを救ってもらった大好きな『ロート製薬』の新しいチャレンジに、私自身も改めて環境問題を考えるきっかけをもらいました。そして、渾身の技術と気の遠くなるような時間(試作品の総数は300以上にも及ぶそう!)を“人も地球も美しくする”という目標のために費やし、「日焼け止めの環境問題に今後も向き合う」というメッセージを発信する姿勢に深く共感するとともに、次世代コスメの明るい未来に期待がふくらみました。

製品パッケージなどには環境への配慮は大きくは謳われていないからこそ、製品リリースを読み込んだエディターとして、この情報を伝えたい...! 「私に合っている」という視点だけでなく、「地球への優しさ、環境への配慮」も含めてセルフケアを選ぶ時代が、これからと言わず、すでに今ここにきています。

写真・文/高戸映里奈(yoi) 製品撮影/新谷真衣

Trending Hashtag