気温がぐっと上昇する夏日も増えてきた今、そろそろ蒸し暑いシーズンを乗りきる対策に本腰を入れなくちゃ! 手軽に“ひんやり感”が味わえるクールな新商品をピックアップして、ライターMがお試しレポートするシリーズ【夏までに準備したい“ひんやりグッズ”】。

第2回は、寝苦しい熱帯夜におすすめのネックピローをご紹介します!

“ひんやり”がリラックスにつながる、塩のネックピローとは?

いやされピロー

ビューウェル アンドグッドナイト いやされピロー ¥2,640/グローバル プロダクト プランニング 03-3770-6170

バスソルトやフェイスマスクなど、おやすみ前の時間にリラックスモードへ導いてくれるアイテムを多数展開する『ビューウェル アンドグッドナイト』から、これからの暑い時期にぴったりな新商品が発売されました。それが、天然塩からできた「いやされピロー」。首元を優しくクールダウンさせることで、良質な睡眠の準備をしてくれるネックピローです。

天然塩の吸熱効果で、体に優しい冷え感が得られる!

いやされピローの中に入っている塩

このネックピローの中身は、徳島県・鳴門の海水塩。塩には熱を吸収する性質があり、お風呂上がりのほてった体をクールダウンさせたり、寝苦しい夏の夜に頭の熱を取って、いい眠りへの準備ができるんだとか。

暑さで体がだるいときは、氷のうなどキンキンに冷えたアイテムを使いたくなりますが、冷やしすぎも体にはよくないですよね。穏やかな冷感で、じんわ〜り体のほてりを静めてくれ、体への負担がないのが、天然塩でできた「いやされピロー」の利点!

いやされピローを首にかけている女性

私は夏でも湯船に使って体を温めるのですが、お風呂から上がるとやっぱり暑い…。そんなときに、このネックピローを首に掛けてみたところ、嫌なほてりがスーッと抜けていく感覚に。本体が約650gあり、肩をゆっくり指圧されているような重さも心地いいんです。

とにかく暑がりという人や、お風呂上がりに汗がダラダラ…なんていうときには、ネックピローを冷蔵庫で冷やして、ひんやり度をアップさせるのがおすすめ! 冷感効果が高くなりますが、触れた瞬間にぶるっとするほどではないので、冷やしすぎる心配もなし。ひんやり感が味わえるのに、結露が出にくいところも使いやすいポイントです。

枕の上にネックピローを置いた写真

いろいろ試したなかで特に気に入ったのが、就寝時に首や頭にあたるように枕に重ねて置く使い方。蒸し暑い夜の寝苦しさが減少するうえ、一晩中使っていても、体が冷えすぎるということがありませんでした。約55㎝の長さのネックピローの中身は粉末状の塩なので、半分に折ったり、渦のように丸めたり、好みに合わせた形に調整が可能です。

良質な睡眠をとる方法のひとつとして有名な“頭寒足熱”。猛暑が予想される今年の夏は、塩のネックピローで頭部から首を冷やせば、気持ちいい状態で眠れそう!

取材・文/政年美代子

Trending Hashtag