頭痛があって当たり前と思っていませんか? 実はその痛み、ちょっとした工夫で治せます。今こそ頭痛生活にさよならを!

今回の話を伺った先生
五十嵐久佳さん

五十嵐久佳さん

頭痛専門医。「富士通クリニック」「東京クリニック」で頭痛外来を担当。日本頭痛学会理事を務めながら、頭痛専門医を育成、頭痛医療の研究と成果を国内外に発表

頭痛のない快適な生活はきっと手に入ります

頭痛に悩んでいる人は、OurAgeの不調に関するアンケートでも上位にランクインする結果に。
「私の頭痛外来にも多くの女性がやってきます。しかし、受診するのは頭痛持ち全体のわずか3割といわれています。つまり7割は痛みが起こっても、“つき合っていくしかないもの”とあきらめているのです。しかし一度、治療で頭痛が改善すれば、その快適さに感激しますよ」と五十嵐久佳先生。

中には「頭痛が当たり前だった今までの数十年間をやり直したい!」と言う人もいるそう。

自分の頭痛を知ることが、改善の第一歩!

「原因となるほかの病気がない頭痛を一次性頭痛(慢性頭痛)といいます。それにもタイプがあり、薬の種類や対処法が異なります。例えば、緊張型頭痛は筋肉の血流が悪くなることで、片頭痛は脳の血管が拡張することで起こります。よって、緊張型は入浴や体操で改善するのに対し、片頭痛は痛みのあるときに行うと悪化してしまいます」

まずは自分の頭痛はどれなのかを知ることが第一歩。正しく対処して、頭痛のない快適な生活を取り戻して!

頭痛を感じている女性のイメージイラスト

あなたの頭痛はどのタイプ?

改善は自分の頭痛タイプを知ることから。また、命にかかわる危険な頭痛もあるのでチェックしておきましょう。

片頭痛

脳血管をとり巻く三叉神経(さんさしんけい)の刺激により、血管が拡張して起こります。特にストレスから解放されたタイミングや、エストロゲンが減る月経前・中や更年期に増える傾向が。痛むときは薬で抑え、患部を冷やし、光や騒音を避けて安静に。

〈症状〉
 頭の片側か両側が、脈を打つように痛む
 月に2~4回発症する
 光や音が気になったり、吐き気がする
 頭痛のときに体を動かすとひどくなる

緊張型頭痛

同じ姿勢を続けたり、精神的ストレスなどで、筋肉や神経が緊張し、血流が悪くなることが原因。ストレスを受けているときや疲れたときに痛む傾向が。ストレッチやマッサージ、入浴、患部を温めるなどで、血行改善を心がけて。

〈症状〉
 頭全体が締めつけられる痛み
 首や肩のこりを伴う
 疲れやストレスがあるときに起こる
 入浴や軽い運動で軽くなる

片頭痛と緊張型頭痛の合併

片頭痛と緊張型の両方を持つ人もいます。普段から頭が重くすっきりしない状態が続き、月経中などに波打つような強い痛みがあるケースなど。

〈症状〉
 片頭痛と緊張型頭痛の特徴がある
 頭痛のない日が少ない

群発頭痛

片側の目の奥からこめかみにかけて、目をえぐられるように激しく痛みます。季節の変わり目などの1~2カ月間、毎日のように、1回1~2時間続きます。痛みがある時期には医療機関を受診して、適切な治療を。飲酒を避けることも大切。

〈症状〉
 ある期間、ある時間帯に激痛がある
 それが過ぎると治まる
 痛む側の目の充血、涙が出る
 痛む側の鼻水、鼻づまりがある

命にかかわる危険な頭痛

 ある日突然、経験したことのない激痛を感じたら要注意。バットで殴られたような激痛なら「くも膜下出血」、手足のまひ、ろれつが回らないなら「脳腫瘍」「脳出血」かも。一刻も早く病院へ!

〈症状〉
 経験したことのない激痛
 嘔吐、手足のまひ、意識混濁がある

その他の頭痛

片側の頰や口のまわりが痛む「三叉神経痛」、頭を保護する髄液の不足で起こる「低髄圧による頭痛」、ほかに、目や鼻の病気、歯の嚙み合わせ不良、うつ病からくる頭痛なども。これらは元の疾患を治療するのが先決です。

イラスト/木下綾乃 構成・原文/山村浩子
※OurAge 2020.11.13掲載

Trending Hashtag