いざ、白内障の手術を決めるその前に知っておきたい疑問を、ビッセン先生が解説。ここでは、Q&A形式でご紹介します!

教えてくれたのは
ビッセン宮島弘子さん

ビッセン宮島弘子さん

1981年、慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学病院眼科で研修後、3年間、ボン大学で白内障の新しい手術を学び帰国。2003年より東京歯科大学水道橋病院眼科教授。日本眼科学会専門医。’18年よりアジア太平洋白内障屈折矯正手術学会理事長

Q 一度入れたらレンズは 変えられないの?

A
基本的に眼内レンズは一度入れたら一生ものと考えてください。コンタクトレンズのように、合わなかったら取り替えるというものではありません。角膜を2mm切開し直径6mmのレンズを折りたたんで入れるため、再度それを取り出す作業は大変。目の中で癒着するリスクもあり、余程のことがない限りそのまま使用します。

Q 多焦点眼内レンズが 入れられない人は?

A
視力に影響する目の病気がなければ、誰でも白内障の手術で多焦点眼内レンズを入れられます。しかし重度の緑内障の人や黄斑変性の人は、病気のため視力が出にくい目の状態になっているため、眼内レンズを入れることでむしろその不快感が強化されてしまいます。眼内レンズが高額なこともあり、おすすめできません。

メイクをしている女性

眼内レンズを入れるとメイクが楽になったという声も。
白内障の手術後は1週間メイクを控えて。髪のカラーリングやパーマも1週間はNG。
他者のタバコの煙にも注意!

Q 白内障手術後でも コンタクトは使える?

A
使えます。白内障の手術後でも、傷口がふさがって安全な状態になれば(およそ1カ月後)コンタクトレンズの使用が可能です。眼内レンズを入れたあと、見え方によってコンタクトやメガネが必要になることもありますが、その場合は、手術後しばらくしてから視力を測り、あらためて作り直すことになります。

次回は、今回に続き、白内障になる前に予防的に手術できる? レーシックを受けた人でも手術は可能? などの「白内障」治療Q&Aをご紹介します。

イラスト/浅生ハルミン 取材・原文/上田恵子
※OurAge 2020.09.18掲載

Trending Hashtag