「小さな文字が見えにくい」「目がショボショボ」「疲れ目がひどい」など、目の不調やトラブルが増えるアラフィー世代。その原因を、眼科医の平松先生に教えていただきました。

〜エクラ世代の視力、こんなに不便です!〜

テレビを見ていると目が乾いて涙が出てきます

「じーっとテレビを見ていると、目が乾いて涙が出てきます。別に悲しい内容とかじゃないのに……」

スマホの字が読みづらく、気づくと鼻先にメガネ

「スマホの字が読みづらく、気づくと鼻先にメガネが。おばあちゃんみたいで年を感じます……」

薄暗いレストランではメニューがほとんどかすんで見えない

「薄暗いレストランでメニューを見ようとするもかすんでしまって、ほとんどわからない……」

「仕事中はコンタクト、手元のものを見るときは老眼鏡

「仕事中はコンタクト。手元のものを見るときは老眼鏡。はずしたりかけたり、忙しくて疲れます……」

目の筋力の低下とドライアイがアラフィーの不調の原因です

教えてくれたのは…
平松 類先生

眼科医

平松 類先生

二本松眼科病院(東京・江戸川区)に勤務。医者任せではない、患者自身が実践できる目の病気の予防法や緩和法についてわかりやすく伝える。テレビなどのメディア出演のほか、目の健康についての著書も多数。

なぜアラフィーになると目の不調が増えるのか? その主な理由は「ピント調節機能の衰え」と「涙の質の低下」の2つだそう。

「私たちの目は遠くよりも近くを見るときにより力を必要とします。そのため、目のピント調節機能が衰えると手元が見えづらくなるのです。加齢がひとつの要因ですが、それだけではありません。現代人はパソコンやスマートフォンなどで目を酷使しているため、加齢による自然な衰えに拍車をかけているともいえます」

QOLをも左右する目の不調はセルフケアで改善できる!

もうひとつの『涙の質の低下』は、いわゆるドライアイのこと。「肌と同じで目も加齢によって乾燥しやすくなりますが、単に水分が減るということではありません。涙は本来水と油が混ざっていますが、油が不足してくると涙そのものは出ているのに目が乾く、ゴロゴロする、疲れやすいなどの症状が出てきます。油が減るのは『目の冷え症』とでも呼ぶべき状態で、目の血行不良によってまぶたにある油が冷えて固まり、涙に溶け込まなくなってしまっているのです。

目は一度悪くなったらよくなることはない、と思っている人も多いかもしれませんが、目の筋肉をしっかり休ませ、血流をよくして涙の質を改善してあげれば、必ずよくなります。目の不調は見え方だけにとどまらず、頭痛や肩コリ、疲労、イライラなどその他の部分にも波及してしまうもの。程度が軽いうちに対策を始めれば、効果も出やすく、クリアな視界も戻りやすい。さっそく今日から始めてみましょう」

〈正常な目〉

正常な目

毛様体筋が収縮することでレンズである水晶体の厚さを調節。目の奥にある網膜の中心で像を結ぶことができ、ものがはっきり見える。

〈老眼の目〉

老眼の目

加齢で毛様体筋の働きが衰えたり水晶体が硬くなると、網膜の奥で焦点が合わない。そのためボンヤリとしか見えなくなってしまう。

取材・原文/遊佐信子 イラスト/松元まり子 
※エクラ2020年5月号掲載/Web eclat 2020.04.17掲載

Trending Hashtag