季節の変わり目、免疫アップのカギは“臓”にあり!




季節の変わり目に体調をくずしたり、最近どことなく体がだるかったり。こんなアラフォーに多い不調の改善におすすめなのが東洋医学に基づく"臓活"。自分の弱っている五臓にアプローチして、心も体も元気に!

☆私が解説します!
尹 生花先生

北京中医薬大学 医学博士

尹 生花先生

いん・せんか●女優やモデル、美容ジャーナリストなども足繁く通う美容健康サロン「BHY」代表。はり師・きゅう師。最新の著書『みんなの臓活』(ワニブックス)も話題

☆これが当てはまるあなたは・・・

五臓不調チェック

あなたがケアすべきは…

腎マーク

腎は生きるエネルギーを貯める場所
「腎は、成長や発育、生殖など、人間の活動に必要なエネルギーを貯めておく場所。また、全身の水分代謝も行い、体内で使われた水は腎に運ばれ、そこで利用できるものは再吸収し、不要なものは膀胱に運んで尿として排泄する調整役を担います。

 そのほか腎は、肺で吸い込んだ気を、丹田(おへその下にある気が一番貯まる場所)にしっかりと納める働きも。これによって五臓は正常に働くようになります。さらに、体や臓腑を温める働きもあります。

 腎が弱ると成長や生殖に支障が出て、生理不順や不妊などを招いたり、老化が進んだり、知力の低下、髪のパサつき、薄毛、白髪、骨や歯がもろくなるといったトラブルも起きやすくなります。水分代謝も悪くなるので、むくみや冷え、頻尿、顔のくすみなども生じがちに。

 体の冷えや、睡眠不足などは腎を弱めるので、冷やさないようにし、十分な睡眠を心がけましょう。特に腎は冬に衰えがちなので、冬は特に無理をせず、意識して休むようにしましょう」

1)腎を整える生活習慣

とにかく体を冷やさない
「冷えはとにかく腎の大敵。寒い時期はもちろん、夏は冷房で冷えやすいので、職場でもはおりものなどを常備して、足腰を冷えから守りましょう。体を冷やす食べ物や飲み物も控えめに。また、寒い時期に太陽の暖かい光を浴びることは腎を養うので、意識して浴びるようにしましょう」

足腰の筋力を鍛える
「腎の働きが弱ると足腰が弱くなります。逆に足腰の筋力が衰えると、腎が弱ります。これを防ぐため、エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使うようにしたり、ひと駅分歩くようにしたりして、足腰を鍛えましょう。寒い時期に滞りがちな血流を促すためにも有効です」

体内の水分バランスを意識した生活を
「水分代謝を担う腎の機能を整えるには、水分のバランスを調節することは大切。特に乾燥しやすい季節や、汗をかきやすい季節には、水分をしっかり補給すること。また、トイレを我慢しない、疲労をため込まない、しっかり寝るなど、腎を弱らせない生活習慣を心がけましょう」

2)腎を活かす食生活

「腎のためにとりたいのは黒豆などの黒い食材。腎を養い、血やうるおいを補う働きがあります。また、昆布などの塩辛い味の食べ物も腎の働きを高めるほか、水分代謝を促す食材や、体を温める食材もおすすめ」

腎を活かす食材

腎を活かす食材はコレ!
くるみ・昆布・黒豆・黒ごま・栗・ワカメ・エビ・帆立貝・白菜・牛肉・ラム肉・牛・豚の腎臓・ハマグリ・さめ・くらげ・とんぶり・やまいも・餅・米

腎の豆知識

3)腎を活かす関節たたき&ツボ押し
腎の機能を高めるなら、関節たたきでは「膝裏」を、ツボ押しは、湧泉、太渓、陰谷の3つのツボ押しを取り入れるのが有効。


 

腎を活かす関節たたき

腎につながる関節は「膝裏」なので、膝裏を反対側の脚でたたいて刺激を。腎の衰えからくる下半身の冷えやむくみの改善にも効果的。

<<関節たたき>>

関節たたき1

両足を肩幅に開いて立ち、左足の甲で右脚の膝裏をたたく。これを20回。次に反対側も同様に。

関節たたきアレンジ

足でたたきにくい人は…
片脚立ちをして足でたたくのがむずかしい人は、手でたたいてもOK。上体を軽く倒し、軽く握った手で、膝裏をたたいて。

<<ツボ>>

湧泉

土ふまずのやや上の、足の指を曲げた時に、ちょうどくぼむところが湧泉。ここに両手の親指を重ねて当て、20回強く押す。反対側も同様に。

太渓

内くるぶし後ろ側のアキレス腱のくぼんだところにあるのが太渓。ここに両手の親指を重ねて当て、20回強めに押す。反対側も同様に。

陰谷

膝を曲げて内側にできるシワの内側のくぼみが陰谷。ここに親指以外の指を当て、強めに20回押す。反対側も同様に。白髪や膝関節の痛みにも。

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/藤本 希(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/西秋愛菜 イラストレーション/佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所) 取材・文/和田美穂 構成/原 千乃
※Marisol 2020年4月号掲載/Marisol ONLINE 2020.05.17掲載


 

Trending Hashtag