いい医療を受けたいなら賢い患者にならなくちゃ!

患者力を身につけたい!

医師を味方につけることは、健康をキープすることにつながります。そのために必要なのは、自分自身の「患者力」。さまざまな分野のドクターたちに"医者の本音"も交えて患者力アップの秘訣を聞きました。

今回お話を伺った先生方
今津嘉宏さん

今津嘉宏さん

1962年生まれ。芝大門いまづクリニック院長。外科医、漢方医。西洋医学と漢方医学を組み合わせ、内科や、 がん漢方、漢方産婦人科などを受け持つ異色の専門医。講演活動、テレビ出演も多く、著書も豊富。http://imazu.org

島田菜穂子さん

島田菜穂子さん

1963年生まれ。ピンクリボンブレストケアクリニック表参道院長。乳腺専門医、放射線科専門医、スポーツドクター。認定NPO法人「乳房健康研究会」を立ち上げ、ピンクリボン運動にも尽力している。
http://www.pinkribbon-breastcare.com

対馬ルリ子さん

対馬ルリ子さん

1958年生まれ。対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座理事長。産婦人科医、医学博士。専門は周産期学、ウィメンズヘルス。NPO法人「女性医療ネットワーク」ほか、女性の健康のために啓蒙活動を行い、著書も多数。http://www.w-wellness.com/

平松 類さん

平松 類さん

1978年生まれ。眼科専門医、医学博士。昭和大学兼任講師。現在、二本松眼科病院、彩の国東大宮メディカルセンター、三友堂病院で眼科医として勤務。テレビ出演のほか、執筆活動に励み、ベストセラーも多数。

http://www.nihonmatsu.net/

初めて行く医療機関、初めての先生…何度経験してもドキドキしてしまうもの。でもそこでひるんではいけません! 初めて受診する時の心構えや注意すべきことをご紹介します。

初診時、何か準備しておいたほうがいい?

どんな症状でも、初診では問診票に記入するのが一般的。
「慌てずスムーズに記入できるよう、できれば『いつ、何が、どうして、どんなこと』で受診したのか、事前に箇条書きにしておくのが理想です」(今津先生)

「既往歴などの基本情報は、いつでも出せるようメモにしておくといいですね。例えば、乳腺外科では遺伝性も重視します。親族(第二度近親者まで)で、男性も含めて乳がんになった人がいないかも確認しておきましょう」(島田先生)

初診時、服装で気をつけることは?

服装で気をつけるべきことってある?

服装なんて考える余裕がないほど具合が悪いときもあるもの。多くの先生が、「服装は普通がいちばん」と言います。

「むしろ、ばっちりメイクではないほうが」(平松先生)。とはいえ、「ジャージー姿でもちょっと…」(今津先生)という意見も。

ただし、「検査内容を想像して、着るものを考えましょう。例えば、マンモグラフィは上半身だけ脱ぐのでワンピースは避けてほしい。内科に行くときなども、タイトなワンピースはよろしくないですね」(島田先生)

症状について、どれくらい詳しく話したらいい?

だいぶ前からの症状だから、話し出すとつい長くなって…という人も。
「それはわかりますが、保険診療では1時間に何十人も診ることもあります。私は最大6人ですが、それでも一人当たりの診察は10分程度。いちばん困っていることを先に話してもらえるとありがたい」(対馬先生)

「伝えたいことがたくさんある場合は、紙やスマホにメモして持っていきましょう」(島田先生)

「眼科は患者さんが多く検査も多いので、一人にあてられる時間はどうしても少なくなってしまいます。できれば主訴はひとつに絞ってもらうと助かります。本当は何をいちばん治したいのかがよくわらなくなってしまうので、ほかの症状については追加という程度に」(平松先生)

ズバリ、患者力とは?

患者力=自己決定力です。
「やってみます!」「変えてみます!」
と言って踏み出せる人のほうがちゃんとよくなる。
(対馬先生)

次回は、「症状は事前に調べておくべき?」「家族や友人と一緒に行ってもいい?」など、今回に続き初めての受診時の心構えや注意点をご紹介します。

イラスト/マスリラ 構成・原文/蓮見則子
※OurAge 2020.08.31掲載

Trending Hashtag