50代になると、筋力が衰えて姿勢の悪さをカバーできくなってくる。「反り腰」「猫背」「巻き肩」の"三悪"姿勢を解消するなら、 今のうち!「姿勢改善は、まず骨盤を整えることから」と語る村木式ストレッチを動画で紹介!

教えてくれたのは…
村木宏衣先生

アンチエイジングデザイナー

村木宏衣先生

数多くの女性たちの顔やボディの悩みを解決してきた、ゴッドハンドの持ち主。独自の「村木式整筋」メソッドをもとに、’18年には自身のサロン「Amazing♡beauty」を設立。『10秒で顔が引きあがる 奇跡の頭ほぐし』、『10秒で疲れがとれる 奇跡の目元ほぐし』等著書も多数。

【stretch 1】硬くなったおなかの筋肉にアプローチ! 「ボールでおなかほぐし」

「そういえば、昔ほど前屈ができなくなった」という人は多いはず。反り腰の解消には、縮こまっているおなかの筋肉をテニスボールでほぐして、骨盤の動きを改善するところからスタート!

【stretch 2】背中側で骨盤を支える筋肉に効く! 「寝たままかかと押し出し」

次は、腰方形筋という背中側にある骨格筋を刺激しつつ、骨盤を動かそう。最初は滑らかにできなくてもOK。腰から下だけを動かすようなイメージで取り組んで。

【stretch 3】骨盤前傾で疲れた太ももを柔らかく! 「前ももストレッチ」

反り腰の人は、太ももの前側の筋肉に寄りかかるような立ち方をしがち。ふだんの立ち方に注意して、筋肉をしなやかに保てば、脚のシルエットにも変化が出てくるはず。

【stretch 4】股関節まわりと太ももの筋肉を伸ばす 「片膝立ち腰伸ばし」

腰のみを前に出す動きによって、上半身と下半身をつなぐ深部筋肉を意識的に使うことに。こちらのストレッチでも、前もも(※床に膝を付けた方の脚)を伸ばす効果あり。

動画撮影/石井康義(千代田スタジオ) 写真撮影/細谷悠美 ヘア&メイク/Sai モデル/神田咲実 取材・原文/本誌編集部 イラスト/きくちりえ(Softdesign LLP) 
※エクラ2020年6月号掲載/Web eclat 2020.04.30掲載

Trending Hashtag