OurAgeアンケートで特に多かった「よくある不調」別に、今回は目の疲れ・老眼・めまいに効果のある手と耳の反射区ケアをご紹介! 特に記述がない場合は、両手・両耳を同様に行なって。※基本の「手もみ」ケアの方法はコチラ

今回の話を伺った先生
市野さおりさん

市野さおりさん

看護師、英国ITEC認定リフレクソロジスト・アロマセラピスト。「コンフィアンサせき鍼灸院」でボディケアを行う。著書に『不調と美容のからだ地図』(日経BP)など

目の反射区ロゴ

眼球や視力とつながる反射区を、押したりもんだりします。最後に疲れの万能ツボと呼ばれている「合谷」を、場所をしっかりとらえて強めにプッシュしましょう。

人差し指と中指にある目の反射区をプッシュ

目の反射区

目の反射区は人差し指の第一関節と爪の間。手のひら側と甲側両方にあります。甲側を親指の第一関節の部分で押します。中指も同様に

手のひら側の指下をもみほぐす

眼球、視力の反射区

手のひら側の人差し指の第二関節下は眼球、中指の下は視力の反射区。ここを親指の腹でもみもみともみほぐします

両サイドから挟む

指下部分を刺激

上で紹介した指下部分を、親指と人差し指を使って、両サイドから挟んで圧をかけます。位置を少しずらして、まんべんなく行いましょう

「合谷」プッシュでリフレッシュ

合谷

疲れの万能ツボ「合谷」は、親指と人差し指の骨が交わるところ。人差し指の骨をたどると、思ったよりも手首寄りです。正しい位置を押して!

綿棒で「神門」をピンポイントに!

綿棒で神門を刺激

耳の三角窩(さんかくか)と呼ばれる三角部分の上部にある「神門」は、自律神経を整えるツボ。ここを綿棒の先で押します

仕事や家事の合間に簡単リフレッシュ!

仕事の合間に手もみケア

オールインワン¥29,000/プレインピープル青山(プレインピープル) 肩にかけたニット¥17,000/ラ・エフ パンプス¥68,000/ストックマン(フリーランス)

撮影/フルフォード海 ヘア&メイク/木下庸子(プラントオパール) モデル/佐藤 純 スタイリスト/程野祐子 イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子
※OurAge 2020.12.02掲載


Trending Hashtag