OurAgeアンケートで特に多かった「よくある不調」別に、今回は肩こり・緊張からくる頭痛に効果のある手の反射区ケアをご紹介!
※基本の「手もみ」ケアの方法はコチラ

今回の話を伺った先生
市野さおりさん

市野さおりさん

看護師、英国ITEC認定リフレクソロジスト・アロマセラピスト。「コンフィアンサせき鍼灸院」でボディケアを行う。著書に『不調と美容のからだ地図』(日経BP)など

肩こり・緊張型頭痛ロゴ

肩や首を直接もむよりも、手にある反射区を刺激したほうが効果的にこりをほぐすことができます。首や肩のこりがおもな原因で起こる、緊張型頭痛にもおすすめ!

親指の下部、側面を上から下へ

頸椎、胸椎の反射区

親指の第一関節から下は頸椎、その続きに胸椎の反射区が。この手の側面を上から下に向けて、親指の腹を尺取り虫のように動かして刺激します

肩の反射区をもみもみ!

手

人差し指と中指の下、手のひらの上部は、肩とつながっています。親指の腹で押したりしごいたりしてもむことで、肩の緊張を効果的にほぐします

肩甲骨と肩の反射区もほぐす

肩の反射区

手のひらの薬指と小指の下は肩甲骨、小指の第二関節下は肩の反射区。このエリアのしこりのある場所を時計と反対回りに円を描くようにもみます

薬指と小指の甲側をしごくように!

薬指と小指の手の甲側

薬指と小指の手の甲側は肩の反射区。ここを親指と人差し指で挟み、指の根本から先に向けて、しごくようにしながら引っ張っていきます

撮影/フルフォード海 構成・原文/山村浩子
※OurAge 2020.11.27掲載

Trending Hashtag