手の反射区をもむ「手もみ」ケアなら、いつでもどこでも実践可能。不調によっては耳の反射区もおすすめです。ここでは基本的な手と耳の反射区の押し方をご紹介します。ぜひ今日から実践を!

今回の話を伺った先生
市野さおりさん

セラピスト

市野さおりさん

看護師、英国ITEC認定リフレクソロジスト・アロマセラピスト。「コンフィアンサせき鍼灸院」でボディケアを行う。著書に『不調と美容のからだ地図』(日経BP)など

手の反射区の押し方

手の反射区を押してる女性

反対側の手の親指の腹か、親指を曲げた第一関節を使って押します。心地よいと思う圧で、ひとつの施術を約30秒を目安に行いましょう。

親指の腹で押す

手の反射区 押し方

親指の腹を反射区に当て、四指で反対側を支えて押します。尺取り虫のように指を動かして、広範囲に刺激する方法も

親指の第一関節で押す

手の反射区 押し方

ポイント的に強い圧をかけたい場合は、親指を曲げ、第一関節のとがったところを反射区に当てて刺激します

耳の反射区の押し方

耳の反射区を押している女性

親指と人差し指でつまんだり、綿棒を使って耳を刺激します。反射区のポイントを多少はずしていても刺激は伝わるので、神経質にならなくてOK!

耳の反射区イメージイラスト

耳の反射区のマップは、母親のお腹の中にいる胎児の形で臓器や骨格を配置したイメージです。耳たぶが頭部、耳輪(じりん)が背骨になります

親指と人差し指を使って

耳の反射区を押している女性

耳の反射区の押し方解説

耳たぶなどは、親指の腹と曲げた人差し指の側面でつまんで、引っ張ったり、もんだりします。耳の中の狭い場所は、親指と人差し指の腹で挟んで圧をかけます

細かい部分は綿棒の先で

耳の反射区を綿棒で刺激

耳の反射区を綿棒で刺激

ピンポイントで反射区を刺激したいときには綿棒を使います。場所によって綿棒の角度を変えて。綿の部分がつぶれたら、こまめに取り換えましょう


■なんとなく不調に効く!手もみケア OurAgeで読む


ホットフラッシュや片頭痛に効くマッサージ/不調に効く「手もみ」ケア
倦怠感や内臓の疲れに効くマッサージ/不調に効く「手もみ」ケア

撮影/フルフォード海 ヘア&メイク/木下庸子(プラントオパール) モデル/佐藤 純 スタイリスト/程野祐子 イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子
※OurAge 2020.11.20掲載

Trending Hashtag