坐骨神経が引っ張られることで起こる痛みは、太もも内側と腰の外側の筋肉のこりをほぐすことで楽になります。YouTubeチャンネル登録者数40万人を超える整体師・迫田和也さんが、筋肉のこりを解消する30秒ストレッチをご紹介します。

教えていただいたのは
迫田和也さん

迫田和也さん

柔道整復師、筋膜ヨガインストラクター、ファスティングマイスター。整体院「和-KAZU-」院長。15年間でのべ5万人以上の腰痛施術を実施。痛みの原因に対する根本的な改善を提案

ピリピリする下半身裏側の痛み

●痛みが出る流れ
反り腰の姿勢が続く
 ▼
太もも内側と腰の外側の筋肉が緊張する

坐骨神経が引っ張られる
姿勢の悪さから、太もも内側と腰の外側が緊張。それに伴って坐骨神経が引っ張られるのが原因。

●痛みの原因
筋肉の緊張で神経に影響が!

太もも内の内転筋、腰の外側表面にある大腿筋膜張筋

注目したいのが、太もも内の内転筋と、腰の外側表面にある大腿筋膜張筋。どちらも脚を内に回すときに使う筋肉で、ここの柔軟性を高めて、股関節の動きを改善するのがポイント。

太もも内側腰の外側を緩める
反り腰や猫背などの悪い姿勢が原因で、太もも内側の筋肉(内転筋)と腰の外側の筋肉(大腿筋膜張筋)が緊張。このため、お尻から足に向かう末梢神経「坐骨神経」が引っ張られることで、お尻や太もも裏、ももの外側に痛みが起こることがあります。痛み取りストレッチでは、このふたつの筋肉のこりを解消するようにアプローチします。

太もも内側と腰の外側を緩める1

タンクトップ¥12,100・レギンス¥13,200/インターテック(スリア)

椅子かベッドに向かって真っすぐ立ち、右足をのせて足先を外側に倒します。この状態で、上体と顔を左に向けます。

太もも内側と腰の外側を緩める2

の姿勢を維持したまま、体を椅子(またはベッド)のほうに倒します。太もも内側の筋肉が伸びているのを確認して、30秒キープ。

太もも内側と腰の外側を緩める3

真っすぐ立つ姿勢に戻り、今度は上体と顔を右に向けます。そのまま、体を前に倒し、腰の外側が伸ばされているのを確認して、30秒キープ。反対側の脚も同様に。

※ストレッチを実践して、痛みが改善しない、または悪化する場合は直ちに中止してください。

■OurAgeで関連記事を読む
「首と肩」のひどいこり&痛みの原因は、胸と脇の緊張のせいって知ってた?/30秒ストレッチ②
「ニーイン」タイプの膝痛を改善!太もも裏とすねの外側を緩める【30秒ストレッチ】

撮影/フルフォード海 ヘア&メイク/木下庸子(プラントオパール) モデル/岩井理恵子 イラスト/内藤しなこ 取材・原文/山村浩子
※OurAge 2021.06.02掲載

Trending Hashtag