ショッピングやお出かけも、歩くたびに膝が痛くては楽しめません。緊張して動きの悪くなった太もも裏とすねの外側の筋肉を、整体師・迫田和也さんがご紹介する効果抜群のストレッチでほぐして、街を気持ちよく歩きませんか?

教えていただいたのは
迫田和也さん

迫田和也さん

柔道整復師、筋膜ヨガインストラクター、ファスティングマイスター。整体院「和-KAZU-」院長。15年間でのべ5万人以上の腰痛施術を実施。痛みの原因に対する根本的な改善を提案

動かすと増す膝痛

●痛みが出る流れ
膝が内側に入る

太もも裏とすねの外側がこる

無理に歩くので膝に負担
膝が内に入った脚の歪みから、動くたびにねじれが発生。これを太もも裏とすねの外側が支えます。ここのこりをほぐすことが膝痛解消のポイントです。

痛みの原因
脚ラインの変形が大きな原因

ニーインの脚と正しい脚

歩くときに、膝が足先より内に入るのがニーインの状態です。歪んだ脚で動くことで、それを支えようとするために、太もも裏とすねの外側の筋肉に負荷がかかるのです。

太もも裏すねの外側を緩める


膝痛で多いのは、太ももから膝のラインが内に入った“ニーイン”の状態。膝はいわばドアの蝶番のようなもので、曲げ伸ばしはできるのですが、ねじれに弱いのです。ニーインのねじれた脚をカバーしようと、太もも裏とすねの外側が緊張。動きが悪くなった脚を無理に動かすことで膝の痛みに。

太もも裏とすねの外側を緩める1

タンクトップ¥12,100・レギンス¥13,200/インターテック(スリア)

壁から1歩半ほど離れて立ち、右脚を前に出し、両手を肩の高さくらいの壁につきます。右脚の膝を伸ばして、左足のつま先は外に向けます。

太もも裏とすねの外側を緩める2

手の位置を変えずに、上体を前に倒します。顔は前を向いたまま、右脚の太もも裏とすねの外側が伸びているのを感じて30秒キープ。

太もも裏とすねの外側を緩める3

余裕がある人はステップアップ! の状態から、両手を写真の位置にずらし、お尻を右に回し、右膝を外側に向けて、顔と上体を右にひねります。

※ストレッチを実践して、痛みが改善しない、または悪化する場合は直ちに中止してください。

■OurAgeで関連記事を読む
「慢性的な腰痛」を根本的に直す脇腹の筋肉緩めとは?【腰痛1】/30秒ストレッチ③
「腰痛」は固まった大殿筋を緩めればよくなる!【腰痛2】/30秒ストレッチ④

撮影/フルフォード海 ヘア&メイク/木下庸子(プラントオパール) モデル/岩井理恵子 イラスト/内藤しなこ 取材・原文/山村浩子
※OurAge 2021.05.31掲載

Trending Hashtag