読者の篠田レイさんが初めてHRT(ホルモン補充療法)の検査を受けてから1カ月後、検査結果を聞きに再び対馬ルリ子先生のクリニックへ行ってきました!

対馬ルリ子先生

産婦人科医

対馬ルリ子先生

1958年生まれ。対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長。産婦人科医、医学博士。最新刊は吉川千明さんとの共著『「閉経」のホントがわかる本 〜更年期の体と心がラクになる!』(集英社)

●私が体験しました!
篠田レイさん

MyAge読者

篠田レイさん

1965年生まれ。自営業。茅ヶ崎で夫と二人でカフェを切り盛りして忙しい毎日。趣味はサーフィン、SUP、ボディボード!

検査結果を聞きに再び対馬ルリ子先生のクリニックへ 1カ月後に再診

検査の結果、女性ホルモン値はみごとに「更年期バランス」だった篠田レイさん。子宮がんの心配もなく、HRTを受けるのに問題ない健康状態です。
「出血したのは、薬に反応して子宮内膜が厚くなり、剝がれ落ちた擬似生理。今後は子宮体がんの予防のためにも、黄体ホルモン剤で、内膜を時々お掃除しましょう」と対馬ルリ子先生。

女性ホルモン減少に驚いている女性



〈HRTメモ 〉HRTの薬剤と使い方について

HRTはエストロゲンを補充するのが目的ですが、子宮がある人は子宮体がんのリスクが上がる場合もあるので、黄体ホルモンを数日使用して子宮内膜を剝がす「お掃除」をするのが基本です。閉経後数年たつ人は、出血のわずらわしさを避けるため、エストロゲンと黄体ホルモンが両方配合された薬を選ぶことも。どんな薬剤を選んでどう使用していくかは医師と相談し、受診のたびに見直されます。




検査結果を踏まえて 正式にHRTの薬剤を処方

篠田さんは閉経後間もないということで、擬似生理を起こすのは1カ月半に1度に決定。改めて処方されたのは、エストロゲン剤「エストラーナテープ0.72㎎(2日に1回貼り替え)」と、黄体ホルモン剤「プロベラ錠2.5㎎(1カ月半に1度、10日間だけ1日1錠飲む)」でした。

再診後の処方箋でさらに症状が改善!

1カ月後の再診で正式に処方してもらうと、今度は薬が2種類に。
「黄体ホルモンを使って子宮内膜をお掃除すると、子宮がんの予防になると聞いてすごく安心しました。でも、毎月擬似生理がくるのは私的にはちょっと面倒。なので私は1カ月半に1度にしてもらいました」
その後、篠田レイさんはさらに症状が改善されましたが、手のこわばりだけは残ったまま。次の受診まで、さらによくなることを期待します!

次回は3カ月後に受診予定です。

お薬を処方してもらった女性



〈HRTメモ 〉HRT治療費の目安は?

HRTの処方薬は、選ぶ薬剤にもよりますが、今回の対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座のように健康保険が適用される医療機関では、診療費+処方料+薬代で2,000~5,000円程度。乳がん・子宮がん検診、その他の血液検査などの検査料は別途かかります。定期検診やほかのクリニックですでに検査をすませている場合は、検査結果を持参すれば新たに検査をしなくてもOK。




これからも続けます

■実録! 始めてのHRT(ホルモン補充療法)やってみた! OurAgeの関連記事を読む
どんな治療なんだろうと思ったら、まずはクリニックへGO!
お試しHRTで、症状が劇的に改善されておどろき!

撮影/藤澤由加 イラスト/小迎裕美子 構成・原文/蓮見則子 協力/対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
※OurAge 2020.12.17掲載

Trending Hashtag