産婦人科医の八田真理子先生が、デリケートゾーンについての疑問を解決! 毎日のセルフケアにおすすめのアイテムをご紹介します。

お話を伺ったのは
八田真理子さん

八田真理子さん

産婦人科医。1990年、聖マリアンナ医科大学医学部卒業。順天堂大学、千葉大学、松戸市立病院を経て、98年、千葉県松戸市で女性のためのクリニック「ジュノ・ヴェスタクリニック八田」を開業。
GSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)や骨盤底障害に早くから注目し、クリニックでは腟まわりのレーザー治療「モナリザタッチ」にも積極的。オリジナルのデリケートゾーンケアジェルの開発も。幅広い世代の女性の診療を行い、クリニックはいつも女性でいっぱい。著書に『産婦人科医が教えるオトナ女子に知っておいてほしい大切なからだの話』(アスコム)など。ホームページはコチラ

八田真理子先生教えて! これはOK? NG?

●ニオイ防止に殺菌効果のあるソープを使う
残念ながらNGです。腟のまわりは粘膜なので、優しく丁寧に洗うことが大切。弱酸性のデリケートゾーン専用のソープを使いましょう。ニオイ防止のためには専用の保湿剤がおすすめ。

●尿もれパッドがないと安心できない
こちらもNG。尿もれが気になると、パッドに頼る人も多いのですが、使わないでよければそれにこしたことはありません。パッドを長時間使い続けてカンジダになることもあるので気をつけて。

●冷え防止にガードルやストッキングを年中着用
いくら冷え防止でも、きつい下着や締めつけるストッキングをはき続けることは、デリケートな腟まわりに悪影響が。きついデニムなども同じこと。乾燥やかゆみ、尿もれの誘因にもなりかねません。

●就寝時、お腹を冷やさないようにへそ上ショーツをはく
これは微妙なところです。できればつけないのが理想ですが、はくならショーツは通気性がよく、清潔に保てるものに。ダイレクトパジャマという夜だけショーツをつけないスタイルも試してみて。

これからは、デリケートゾーン専用ソープが必須!

mgb skin シークレットウォッシュ

MEGOOD BEAUTY
日本人インスタグラマーMEGBABYが開発したデリケートゾーン専用ソープ。ココナッツ由来の弱酸性成分を配合。香りのよさも人気。mgb skin シークレットウォッシュ¥3,630/メグット ビューティー

デリケートローズプラセンタウォッシュ

The LADY.
ローズプラセンタを含む柔らかな泡にうっとりする弱酸性のソープ。同ブランドの美容液も極上の使用感です。デリケートローズプラセンタウォッシュ¥2,750/ザ・レディ

フェミニン ウォッシュ

アンティームオーガニック
日本人女性に合わせて15種の和漢植物エキスを配合した、デリケートゾーン用リキッドソープ。フェミニン ウォッシュ¥2,200/サンルイ・インターナッショナル

構成・原文/蓮見則子
※OurAge 2021.06.27掲載
※掲載商品については記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。

Trending Hashtag