普段からケアをしている顔と同じように、デリケートゾーンも毎日のお手入れで若返ります。毎日のセルフケアにおすすめのアイテムをご紹介します。

お話を伺ったのは
八田真理子さん

八田真理子さん

産婦人科医。1990年、聖マリアンナ医科大学医学部卒業。順天堂大学、千葉大学、松戸市立病院を経て、98年、千葉県松戸市で女性のためのクリニック「ジュノ・ヴェスタクリニック八田」を開業。
GSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)や骨盤底障害に早くから注目し、クリニックでは腟まわりのレーザー治療「モナリザタッチ」にも積極的。オリジナルのデリケートゾーンケアジェルの開発も。幅広い世代の女性の診療を行い、クリニックはいつも女性でいっぱい。著書に『産婦人科医が教えるオトナ女子に知っておいてほしい大切なからだの話』(アスコム)など。ホームページはコチラ

毎日のまめなセルフケアで萎縮した腟まわりが若返る!

「肌の潤いやハリがなくなり、シワが増えるのと同じことが、腟まわりにも起きています。顔と同じように朝晩、見て触ってケアしていますか?」と、ドッキリさせる発言は、腟ケアのスペシャリストでもある八田真理子先生。

「閉経前後は尿トラブルをはじめ、GSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)(こちらの記事を参照)による陰部の乾燥やかゆみ、ニオイ、ヒリヒリ感、性交痛など、腟まわりのトラブルがとても多いもの。優しく洗って保湿し、ジェルやオイルで丁寧にマッサージをする。そうして手をかければそれだけ若返ります。

それでも改善しなければHRT(ホルモン補充療法)を試してもいいでしょう。乳がんなどでHRTが受けられない人には、モナリザタッチなどの腟外陰レーザー治療をおすすめします」

顔と同じように、毎日保湿&マッサージ

顔と同じように、毎日保湿&マッサージ

 ひりついたデリケートゾーンを、家族と同じボディソープで洗うのはもう卒業! そして大切なのは保湿。入浴後はもちろん、できれば朝もケアしましょう。

潤いを与えて血行を促進

アノワ41Dジェル

アノワ
八田真理子先生監修による医療機関限定スペシャルアイテム。ヒト幹細胞を配合し、腟内フローラを整えるデリケートゾーン専用保湿ジェル。アノワ41Dジェル¥3,300/アノワ

インティメイト・オイルローション OB

YES
保湿力の高いナチュラルオイルがベースのデリケートゾーン用オイルローション。べたつかず、サラッとしたテクスチャー。インティメイト・オイルローション OB¥3,850/アジュマ

ルナフル フルムーン

SAKITUE
ザクロ種子油をメインに、6種のオーガニックのスーパーシードオイルを厳選。酸化防止のため、1回1カプセルの使いきりタイプに。ルナフル フルムーン(30粒)¥11,550/サキツエ

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/蓮見則子
※OurAge 2021.06.22掲載
※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。

Trending Hashtag