タンパク質には体に欠かせない働きがあります。まずは知っておきたい構造からスタート。タンパク質のスゴい働きを知れば知るほど、不足しているといかに残念かがわかるはず!

今回の話を伺った先生
上西一弘さん

上西一弘さん

女子栄養大学栄養学部教授。大学のゼミでは選手のパフォーマンスが上がり、勝てる体をつくるためのスポーツ栄養学を研究し、指導にあたる。著書に『新しいタンパク質の教科書 健康な心と体をつくる栄養の基本』(池田書店)など

タンパク質とアミノ酸の関係は?

まず知っておきたいのが、タンパク質の構造。

「タンパク質は、ひもをぐしゃぐしゃにしたような形をしていて、このひもを構成しているのがアミノ酸です。人体をつくるタンパク質の種類は5万〜10万ともいわれますが、その構成単位となるアミノ酸はたった20種類。

これらが目的に合わせて数十万〜数百万個結合し、5万〜10万種類ものタンパク質になるのです。20種類のアミノ酸は、体内で作れず食品からとる必要がある“必須アミノ酸”と、体内で作れる“非必須アミノ酸”とに分かれ、これらのひとつひとつにも重要な働きが(下表参照)。

おもなアミノ酸の働き

(必)は必須アミノ酸、(非)は非必須アミノ酸

特に必須アミノ酸は、食事で補うことが大切です」(上西先生)

美肌のカギを握るのは真皮のタンパク質のクオリティ!

肌の老化を防ぐには、化粧品やエステより、まず皮膚のタンパク質の“質”を高めることが先決!

「皮膚は外側の“表皮”と、深部の“真皮”という層に分かれています。表皮の最も外側の角層を作る角層細胞は、内部にケラチンという線維状のタンパク質を大量に抱え、外的刺激から肌を守るバリア機能を担っています。また、真皮には、肌のハリを保つコラーゲンや、それをつなぎとめ、肌の弾力を保つエラスチンなどが存在しますが、これらもタンパク質です。

さらに、同じく真皮に存在し、水分を保つ役割のあるヒアルロン酸を作る酵素もタンパク質。つまり、加齢とともに目立ちはじめるシワやたるみ、乾燥を防ぎ、ハリと弾力、潤いのある肌を保つには、真皮のタンパク質のクオリティがカギ。

食事からとるタンパク質が不足すると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の合成量が減り、クオリティが下がってしまうので要注意! タンパク質なしでは美肌は保てないのです」

●肌の各層を支えるタンパク質

肌の各層を支えるタンパク質

イラスト/二階堂ちはる 取材・原文/和田美穂
※OurAge 2020.12.10掲載

Trending Hashtag