カリフォルニアに暮らし、さまざまなメディアを通して「カルチャー×アイデンティティ×社会」をテーマに発信するライター、竹田ダニエルさん。Z世代的価値観でのトレンドワードを切り口に「心・体・性」にまつわるさまざまな事象を語る連載『New “Word” New “World”』第1回~6回をまとめました。

竹田ダニエルさん連載イメージ画像

竹田ダニエル

ライター

竹田ダニエル

1997年生まれ、カリフォルニア出身、在住。「音楽と社会」を結びつける活動を行い、日本と海外のアーティストをつなげるエージェントとしても活躍する。2022年11月には、文芸誌「群像」での連載をまとめた初の著書『世界と私のA to Z』を刊行。そのほか、現在も多くのメディアで執筆中。

アメリカのZ世代的価値観における「恋愛と性」とは? “ソロデート”って何?

アメリカのZ世代的価値観における「恋愛と性」とは? “ソロデート”って何?

Greek Theatreにて、Louis The Childのライブに行った際の様子(Photo by Daniel Takeda)

ダニエルさん:アメリカではデーティングがよりライトになった、「カジュアルデーティング」を選択する人が増えています。特定の人と“つき合う前のお試し”をする、というよりは、不特定多数の人と同時並行でデートをする、というイメージでしょうか。ここで注目したいのは、カジュアルデーティングの背景に「反コミットメントカルチャー」が深く関係しているということ。

その理由のひとつには、「未来への不安」が挙げられます。Z世代は、幼い頃から環境破壊や政治不安などさまざまな問題について、SNSを通して身近に感じてきた世代です。また、パンデミックのように突然社会が変わってしまい、それがいつ終わるかもわからないという不安にも直面している。そうなると、不確定な将来に向けて今の時間を使うよりも、目の前の生活や自分の精神的な安定を維持することのほうが大事になるわけです。

カリフォルニア独特の夕暮れの景色(Photo by Daniel Takeda)

カリフォルニア独特の夕暮れの景色(Photo by Daniel Takeda)

また、恋愛そのものに疲れてくる人が増えている現状も。誰かとデートしたり付き合ったりするよりも、自分とのデート=「Solo-Date(ソロデート)」を楽しもうというコンセプトが広がりつつあります。



誰かに愛されることを重視する幸せの測り方よりも、自分で自分を幸せにしたらいい、という考えが広がりはじめているんです。気になっていたレストランや憧れの国に行くなど、自分の夢を自分でかなえてあげる。そんな「Solo-Date(ソロデート)」が支持されはじめています。

人間関係をHow Toで攻略しようとしていない? メンタルケアの誤った解釈“セラピースピーク”の弊害

人間関係をHow Toで攻略しようとしていない? メンタルケアの誤った解釈“セラピースピーク”の弊害

植物園に生える巨大なサボテン(Photo by Daniel)

ダニエルさんアメリカでカウンセリングは「サイコセラピー」と呼ばれ、保険が適用されることも。疾患がなくとも心の調子を整えたり、パートナーや家族との関係をよくするために気軽に話に行く、という認識も広く浸透していると思います。特に新型コロナウイルス感染症のパンデミック以降は、体の健康と同じくらいメンタルヘルスの重要性が認知されるようになり、カウンセリングや心理セラピーに通う人がこれまで以上に増えているそうです。

また、TikTokやInstagramなどのSNSでは、メンタルヘルスに関する情報や具体的なアドバイスを発信するアカウントも増えていて、それと同時に一般の人までがセラピストのような話し方をする「Therapy Speak(セラピースピーク)」が広がっています

サンフランシスコのフェス、Outside Landsのステージ(Photo by Daniel)

サンフランシスコのフェス、Outside Landsのステージ(Photo by Daniel)

一方で、セラピーを受けることがカジュアルになり、メンタルヘルスに関するコンテンツが増えたことで、SNSなどでは間違った情報が広がっています。

ひとつの例として、“友人から相談を受けたときにうまく断るための「セラピースピーク」”が一気に拡散され、非難されたことがありました。その投稿によると、自分には抱えきれない相談を誰かにされたら、「相談してくれてありがとう。でも、今の私には余裕がないから話が聞けない」と答えるようにしよう、というHow Toが書いてあったんです。

どこか定型文的で、他人行儀な言葉遣いには少し違和感があるし、目の前で助けを必要としている友人をシャットダウンするような態度に、批判的な声も集中しました

セラピーが広まったことで、相手を気遣ったり、自分に向き合ったりしているように見せかけて、結果的に相手をコントロールするためのツールが広がってしまったことも弊害としてとらえられています

”嫌われたくない”日本と、アメリカの友人関係の違いとは?

”嫌われたくない”日本と、アメリカの友人関係の違いとは?

飛行機から見えるロサンゼルスのビーチと夕焼け/Photo by Daniel Takeda

ダニエルさん:日本は“建前社会”という一面もあるから、なかなか本音をさらけだしにくいと言われていますよね。一方、アメリカでは幼い頃から自己主張することを求められます。なぜなら、多様性に富んだ移民国家だから。文化や宗教、価値観などバックグラウンドが異なる人々が大勢暮らしているので、自分の考えは口に出して相手に伝えないと理解してもらえない。そういう社会に生きていると、誰かに質問されたら“深く考える前にとりあえず何かを言おうとする癖”がつきやすいんです。

とはいえ、悩みをすべて打ち明けたり自分の全部を知ってもったりすることが“真の友達”かと言われればそうではない。例えばどれだけ長く一緒にいる友人でも、自分と考えや価値観がすべて合うということはないし、今は気が合っていても、フェーズや環境の変化で考え方も変わっていく。だから、表層的な話になることをあまり気にしなくてもいいのかなと思います。
 

韓国のお店の入り口/Photo by Daniel Takeda

韓国のお店の入り口/Photo by Daniel Takeda

ネガティブな考えを持ってしまいそうになったら、ジェニファー・ローレンスの「私は全員に好かれているわけではないけれど、私も全員が大事なわけじゃない」という言葉を思い出します。つまり、自分にとって大事な人にだけ理解されていたらいいんです。話を聞こうとしないのは相手が自分の価値をわかっていないということ。もちろん、自分の意見に価値があると思えるぐらいの根拠は必要ですが、自分を低く見積もらないことが大切だと思います。

共感性、想像力が持てるようになると、むやみに「こんなこと言ったら嫌われるかな」とビクビクすることが減ります。「これを言っても大丈夫」と自分の発言にも自信もつくはずです。誰かと本音で言い合える関係を結ぶためには、まずは自分の感情に向き合って言語化することから始めてみてはどうでしょうか。

過度なルッキズムとメンタルヘルスとの関係

過度なルッキズムとメンタルヘルスとの関係。

J-waveのスタジオからの景色/Photo by Daniel Takeda

ダニエルさん過度なルッキズムはメンタルヘルスと結びついているのに、その深刻さがなかなか語られないですよね。整形やダイエットに関する情報を頻繁に発信するインフルエンサーのコンテンツを見ると、「常に自分磨きをしていて素敵!」といった称賛の言葉が並んでいて驚きます。

このような発信を続ける人たちの影響力が大きくなるほど、「可愛いほうが得をする」という考えが真理のような気がしてきてしまいます。そしていちばん怖いのは、いつしか「可愛くなることは努力の証」「可愛くない=努力が足りない人」と、見た目が人格に結びつけられてしまうことです。


行きすぎたルッキズムのせいで、子どもの頃から親に容姿についてうるさく指摘されたり、親の理想的な見た目になると突然肯定されたりすると、「人から愛されないのは私の容姿のせいだ」「可愛くないからだ」と思い込んでしまう人も。

グリーンルームビーチの帰りの夕焼け/Photo by Daniel Takeda

グリーンルームビーチの帰りの夕焼け/Photo by Daniel Takeda

“画一化された美”は自分を否定するだけでなく、他人を否定する基準になってしまうと思うんです。人を見た目だけで判断してしまうと、生きにくい社会の負のサイクルに加担することになります。当たり前のことですが、人間は外見がすべてではないですよね。その人が持つユーモアや価値観、知識などいろんな魅力、側面がある。外見だけを見て人を判断していたら、自分と話が合う人や親身に向き合ってくれる人と出会うチャンスをなくしているかもしれない。これはとてももったいないことです


「可愛い」や「きれい」は経済活動や社会的な評価と複雑に絡み合っています。自分の本当の幸せに気づくこと、自分自身の価値観やメンタルヘルスを大切にすることが、ルッキズムに振り回されないきっかけになるのではないでしょうか。

「孤独」を感じるのは、コミュニケーションスキルが低いから?

「孤独」を感じるのは、コミュニケーションスキルが低いから?

ダニエルさん:近年日本でも“弱者男性”という言葉が使われることがありますが、アメリカでも貧困・独身などの要素がある男性を中心に、「男性が孤独を深めている実態を社会が救わなくてはいけない」といわれているんです。しかしここで併せて考えたいのは、男性の孤独は“社会問題”として扱われるのに、女性の孤独は問題視されにくいということ。そのアンバランスさを、もっと語るべきだと思うんです。

そもそも女性は長い間、社会に参入できずに孤立を経験してきた歴史がありますが、その声は長年無視され続けてきました。また、『アスペルガー症候群』や『自閉スペクトラム症』といった発達障害に伴う特性は、長年白人男性を中心に臨床実験がされており、女性に焦点が当てられてきませんでした。女性が「人とコミュニケーションを取ることが苦手で孤独を感じる」と叫んでも、その声は軽視されてしまう。

つまり、男性の孤独は社会問題の文脈で語られるのに、女性の孤独は「当たり前のもの」「個人の問題」として矮小化されがちということです。

竹田ダニエルさん連載画像

アメリカでの孤独問題を解決するキーワードの一つに、『Walkable city(ウォーカブルシティ)』があげられます。車社会のアメリカでは、これまで大都市以外、“車ありき”の街づくりがされてきました。しかし最近では、徒歩圏内で生活できるウォーカブルシティがコミュニケーションを活発化させるアイディアのひとつとして注目を集めているんです。



ただ、大学を卒業して就職すると、ほとんどの学生は車なしの生活が成り立たない郊外に行きます。日本のように就職しても学生時代の友達と頻繁に会うことは難しく、住んでいるエリアでも車社会がゆえに新しいコミュニティを築くことが難しくなって、物理的な距離がゆえに人との交流が再びなくなってしまうことも。

孤独を「コミュニケーションスキルが低いから」「モテないから」といった個人の問題に集約するのは短絡的すぎると思います。根本的な原因は、資本主義的な社会システムや教育、街づくりなどが複雑に絡んでいることなんです。そして、孤独問題は男性だけではなく、すべてのジェンダーを包括する問題であり、決して他人事ではない。そのことを、私たちは忘れずにいる必要があるのではないでしょうか。

経済格差が友情、恋愛にもたらす影響とは

経済格差が友情、恋愛にもたらす影響とは

ダニエルさん人との関係をコミットしにくい背景の一つには、経済格差があると感じています。今のアメリカはインフレが加速していて、とにかく物価が高い。以前であればボーリング場やカフェなど若者が気軽に集まれた場所でさえも、どんどん料金が高騰し、仲を深めづらくなっています。ガソリン代もすごく高いので、「家を出るだけで30ドル(約5000円)かかる」というリアルなジョークもよく使われているほど。

収入の格差もどんどん大きくなっています。たとえば、サンフランシスコにおける「中流階級」の収入はおよそ1200万円で、1000万円程度の給料であれば低所得という印象です

竹田ダニエルさん連載画像 2

経済状況が苦しいからといって「節約してがんばろう」という個人の問題に落とし込んではいけない気がして。そもそも、もっとお金に対してオープンに話せる場があったり、リテラシーをあげる機会が増えるべきだと思います。それが前提にあった上で、自分は何を優先するのか考えることが大切なのではないでしょうか

お金をかけてでも新しい人と出会う時間を作りたいのか、親しい人とより親密な時間を過ごしたいのか、もしくは一人の時間を充実させたいのか…。自分にとって何が大切かを把握していると、納得できる選択をすることができるのかなと思います