ソロアーティスト“Kawaguchi Yurina”として、2ndシングル『Cherish』をリリースする川口ゆりなさん。3回にわたるインタビューのラストとなる今回は、新曲『Cherish』の制作秘話や、環境が変わったことによって自分の中で“変化したこと”と“変わらないこと”について伺いました。紡がれる言葉には、しなやかに進化していく秘訣が詰まっています。
インタビュー1回目はこちらから!
インタビュー2回目はこちらから!

黄色い花をくわえた川口ゆりなさん

川口ゆりな/Kawaguchi Yurina

1999年6月19日生まれ。宮崎県出身。2014年に「第14回全日本国民的美少女コンテスト」で演技部門賞を受賞し、芸能界入り。2016年にアイドルグループ「X21」に加入するが、グループが2018年に解散。女優としての活動を続けるなか、2021年「Girls Planet 999:少女祭典」に参加。第1回視聴者投票で、444万6387点を集め1位を獲得。2022年3月21日に、“Kawaguchi Yurina”としてデジタルシングル『Look At Me』でソロデビューを果たし、雑誌『MORE』でモデル活動もスタート。7月20日には2ndシングル『Cherish』をリリース。公式サイト■https://www.universal-music.co.jp/kawaguchi-yurina/

大切な人を想うときめきを表現した新曲「Cherish」

――待望の2ndシングル『Cherish』の制作秘話や記憶に残っていることを教えてください!

大切な人を思い浮かべたときの、心がホッと温かくなる感じやときめきを、この曲を聴いて感じてもらえたらうれしいです。タイトルのポップで明るいムードを演出するために、やわらかい色の衣装を選んだり、MVは演技シーンを多くしたり、ダンスも皆さんに真似してもらえるように仕上げています。

特に記憶に残っているのは、レコーディング。前作で習得したスキルは存分に発揮できたのですが、『Cherish』が持つキラキラ感を、密室のレコーディング室で表現するのが難しくて…。そこで、目をつむってファンの皆さんがいるライブ会場を心に思い描きながら歌うことで、声に表情を出す努力をしました。ちなみに、最近私がときめいたのは、『Kep1er』の新曲! 毎日聴いてパワーをもらっています。

川口ゆりな「思いを伝えることをあきらめない」。今の自分をつねに超えていく方法_2

――1stシングル「Look At Me」からはムードもスタイルもガラッと変わりましたが、変化や新しさは時に否定的に捉えられてしまうこともあります。そうした不安はなかったですか?

今回、新曲のイメージに合わせて前髪を伸ばしたんです。ファンの皆さんにとっては、パツッと切りそろえた前髪の私のイメージが強かったので、「前髪なしもいいね!」という反応や「前髪があるときが恋しい!」という意見も。どちらも私に対して強い思いを抱いてくださってる証拠なのでありがたいです。同時に、「これまでのほうがよかったのに…」という気持ちを、“やっぱり今の川口ゆりなが好き!”に変換してもらえるように頑張ろうと考えちゃいます。子どもの頃の負けず嫌いな性格が、こういったところに出ているかもしれないですね(笑)。

意見が違っても、対話をあきらめなければ着地点が見つかる

川口ゆりな「思いを伝えることをあきらめない」。今の自分をつねに超えていく方法_3

――目まぐるしいスピードで変化の途上にいる川口さんが、“変わっていきたいこと”と“変わらずにいたいこと”はなんでしょうか?

変わっていきたいことは…ひとつのジャンルにとらわれずに、どんどん進化していける人でありたいと思っています。そして、その私の姿を見たファンの方々も一緒に、進化しつづけていけたらすごく素敵だなと。そんな関係性が築いていけるように、私自身が何事にも妥協せず、実力を上げていきたいです。

変わらずにいたいことは、私を生きやすくしてくれたふたつの考え方、「やらない後悔より、やった後悔のほうが気持ちがいい」「素直に生きる」を大切にしつづけることです。自分の気持ちに素直でいようとすると、周りの人と意見がぶつかることもあります。でも、言いたいことを言わずに流されてばかりいたら、心にモヤモヤが積もって、いつかそれが爆発することになると思うんです。実際にそういう状況に陥ってしまったこともあるので、今もこれからも、自分が納得できる道を進んでいきたいです。

――人と意見がぶつかったときに心がけていることはありますか?

相手の意見には必ず意味があるし、私の意見にも意味がある。両者が考える「本質的な意味」をしっかりと話し合えば、お互いに理解できないことはないと思うんです。でもそれは、きちんと向き合って話してみないとわからないことだから、ぶつかることを恐れないことが重要。自分のこだわりを何がなんでも貫くということではなく、丁寧に対話することでベストな着地点を見つけたい。そうした対話を避けてしまうと、最高の作品を生み出せないんじゃないかなと思います。

2ndシングル『Cherish』は、制作過程でチーム全員の意見がピタッと合って、スムーズに制作が進行しました。でも、デビュー曲『Look At Me』は、歌詞の言葉選びで意見が食い違ったことがありました。「こういう感情を表現するにはこの言葉がいい」「いや、ストレートに伝わる言葉のほうがいい」「曲の雰囲気を伝えるのにはこっちのほうが?」と、お互いの意見をぶつけ合ったことで気づくことがあったし、最終的に最高の歌詞に仕上がったと思います。

Kawaguchi Yurina - "Cherish" MV

しなやかな考え方で、今の自分をアップデートしつづける

川口ゆりな「思いを伝えることをあきらめない」。今の自分をつねに超えていく方法_4

ーー最後に今、新たに成長のためにチャレンジしていることを教えてください。

もっと柔軟に物事を考えられるようになりたい! 私は自分のことを客観的に分析する癖があって、それは長所である反面、苦手なことや自分に合わないと思うことを決めつけて、ブレーキをかけてしまうことでもあるんです。そうすると、物事への挑戦の一歩が踏み出しづらくなってしまう。だからこそ、今日の自分を明日の自分が超えていけるように柔軟に、今の自分をつねに更新していきたいです。

ニット¥550,000/Motohiro Tanji(Esteem Press)スカーフ¥14,300/malamute(BRAND NEWS)シューズ¥20,900/Mollini(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)
スカート、グローブ スタイリスト私物

SHOP LIST
Esteem Press 03-5428-0928
BRAND NEWS 03-3797-3673
JACK of ALL TRADES press room 03-3401-5001

撮影/MELON(TRON) ヘア&メイク/河嶋 希(io) スタイリスト/小泉 茜 取材・文/海渡理恵 企画・編集/高戸映里奈(yoi)

Trending Hashtag