今どきのアラフィー夫婦について、エクラ世代の女性317人を対象に行ったアンケート調査の結果を大発表! 今回は、夫にいわれて一番ショックだった言葉について回答をまとめました。

Q19.夫にいわれて一番ショックだった言葉は?

夫にいわれて一番ショックだった言葉は?

◆老けたなあ。(パート・56歳)
◆「俺はおまえたちのせいで好きなことができない」とウィンドサーフィンをしながらいわれた。(会社員・51歳)
◆いい合いが激高してきたとき、「更年期じゃない?」と。(主婦・49歳)
◆これから緊急手術だと電話したら、「すぐには行けない」といわれた。こんなときまで仕事優先!?(アルバイト・47歳)

夫に言われてショックだった言葉

◆「いい年をした女が誕生日とかいって浮かれるな」といわれた。一生許すまじと思ったが、夫に依存していた自分に気づくきっかけにもなった。(会社員・50歳)
◆私がその日のできごとを話していたら、「その話、オチあるの?」といわれた。(主婦・50歳)
◆たくさんあって書ききれない。(会社員・52歳)

次回は、夫にいわれて一番心に響いた言葉をピックアップ。お楽しみに。

■Web eclatで関連記事を読む
結婚の決め手となった“夫の魅力”、変わってしまった?変わらない?【「アラフィーの夫婦」白書2021】
夫の嫌いなところや直してほしいところは?【「アラフィーの夫婦」白書2021】

取材・原文/浦上泰栄 イラスト/小迎裕美子 
※エクラ2021年2月号掲載/Web eclat 2021.01.10掲載

Trending Hashtag