だんだんと外食も楽しめるようになってきた今、訪れるならどんな店へ? 長く続いたおうち時間を経験したことから、「身体に優しいもの」をあらためて意識するようになった人も多いはず。そこで今回は、この12月にグランドオープンした“パーソナルヴィーガンレストラン”をピックアップ。

おいしくヘルシーに癒される。パーソナルヴィーガンレストランへ_1

パーソナルヴィーガンって?

ちょっと気になる"パーソナルヴィーガン"をテーマにしているのが、渋谷駅から徒歩3分、渋谷道玄坂に位置する「PEACE TABLE」です。

ここで提案しているのは、アーユルヴェーダを取り入れた野菜たっぷりのヴィーガンメニュー。席に着くと、テーブルの上にはドーシャチェックリストが用意されています。

ドーシャチェックリスト

ドーシャとは〈VATA(ヴァータ)〉〈PITTA(ピッタ)〉〈KAPHA(カパ)〉という生命エネルギーのことで、アーユルヴェーダではドーシャの乱れが過剰になると不調が出ると考えられています。まずは、このチェックリストで現在の心身のバランスの乱れを探っていきます。

ドーシャチェックリストにトライ

18の質問に答えたところ、私は、PITTAの項目で当てはまることが一番多く、PITTAが過剰という結果に。バランスを整えるには【甘味・苦味・渋味】を積極的にとり、【辛味・酸味・塩味】は控えた食事がよいとのこと。う〜む…控えるべきとされる味が正直、大好物です。だからバランスが乱れたのかも?

「季節や、感じているストレスの度合いなどによってもエネルギーのバランスは変わってきます」とは、店長でマネージャーの上田麻由美さん。おうち時間が増えた影響から、近頃はKAPHAが過剰になりやすい傾向もあるんですって。

ドーシャチェックを終えると、それぞれのタイプに合わせたセットメニューから好きなものをセレクト。

ODAYAKA BOWL

料理はもちろん、すべてヴィーガンメニュー。こちらが、PITTAが乱れた人向けの「ODAYAKA BOWL」。このタイプはイライラしやすくなるため、PITTAの乱れを"穏やかに"整える食材がチョイスされています。そう、今の自分のパワーバランスに合った食事をチョイスできるから、「パーソナルヴィーガン」というわけです。

雑穀米の上に採れたての生野菜やアボカド、テンペ(インドネシア伝統の大豆の発酵食品)のフライ、グリルした山芋などがたっぷり。エディブルフラワーも散りばめられ、鮮やかな見た目にもワクワクしてきます。

全メニュー共通のドリンク、スープ、デザート、カフェ付きで¥2,800。写真右上のキャップ付きの瓶に入っているのが、しょうがやレモン汁、岩塩、スパイス、紅茶などをブレンドしたドリンク。消化力(アグニ)を高めるよう、こちらは食前にいただきます。この日は、日替わりのスープはヤーコン(キク科の根菜)、デザートはカッサータ(イタリアのアイスケーキ)でした。満腹感も、今の自分に必要なものをおいしくいただいたという満足感も十分に満たされたセットでした。

Hummus Plate

ちなみにこちらは、KAPHAが乱れている人向けの「Hummus Plate」。

Curry Plate

VATAが乱れた人向けの「Curry Plate」。同価格のランチセットが、各タイプ3種類ずつ用意されています。ディナーは要予約のコース料理で、各タイプとも¥5,800。季節で内容を変えていくとのこと。

PEACE TABLE インスタ

同店では食事を楽しみながらのアーユルヴェーダ&ヴィーガン勉強会なども計画中で、第1回目は来年1月22日に開催予定。詳細はInstagramなどのSNSで告知するそうなので、気になった人はチェックしてみて!


PEACE TABLE
住所/東京都渋谷区道玄坂1丁目14−9 ソシアル道玄坂 1F
営業時間/11:30〜15:00(Lo 14:30)
17:30〜21:00(最終入店 19:30)
休業日/第2、第4土曜・日曜休
※12月30日(木)〜2022年1月4日(火)
TEL/03-6455-0861
https://peacetable-vegan.com/

取材・文/佐藤素美

Trending Hashtag