朝起きたら髪はうねうね寝癖爆発、肌はシーツ跡がついてなんだかカサカサ。もしや寝ている間に妖怪が私にイタズラをしている!?…なんてことはないので、今再びSNSで話題が盛り上がり気になっていた、シルクの枕カバーを取り入れることにしました。

今日のEditor’s Pick!

シルクは人肌に近いタンパク質アミノ酸でできているので、お肌に優しい素材。しかも吸湿性・放湿性も高く、触れる肌をサラッと快適に保ってくれるそう。なめらかで肌触りがよく、いちばん枕に触れる髪の摩擦も軽減してくれて、髪が乱れにくいのだとか。これっていいことずくめでは…!?



しかし、いろいろ調べてみると、封筒型やファスナーがついた、いわゆる枕カバーにはたくさん種類があって、どれを選んだらいいのかわからない…。「カバーがツルツルしすぎているため、寝ている間に枕が滑って頭からズレてしまう」という口コミもなんだか気になる…。しかもシルクって家でのお手入れが大変なのでは…?



迷った末に私が選んだのは、「お福分けのこころ」をモットーにする『AKOMEYA TOKYO』のシルク100%の枕カバー!福を分けずに完全に自分のためだけに購入しました。

『AKOMEYA TOKYO』のシルク100%枕カバーで、寝ているだけでうるおいケア!_1

シルク100%枕カバー アイボリー SUNAYAMA ¥3850/AKOMEYA TOKYO

(私の寝室写真で失礼します)



このカバーのいいところは、紐で枕に結ぶタイプなので、どんなサイズの枕にも合うこと。そして裏面は普通の枕の状態なので(もちろん通常の枕カバーはしていますが)、滑らず枕は動かない! といっても、私のベッドは壁にピッタリくっついているので、そもそもズレを心配する必要すらなかったのですが…。ヘッドボードがないベッドやお布団でも、この枕カバーなら心配無用だと思います。



手触りはツルツルというよりはスベスベで、シルク独特の自然で優しい風合い。アイボリーという色も優しさを感じます。どんなシーツにも合いそう!そう思いながらひと眠り…。



翌朝の髪を触ってみると…あれ?うねってない!なんだかいつもよりまとまりがある!右を向いて寝てしまうことが多いのですが、特に右の側頭部がめちゃくちゃツヤツヤしている!!!肌もカサついていないような…!たった一晩で、私は効果を実感しました。



シルクはお手入れが大変だと思っていましたが、こちらの商品は中性洗剤で手洗いなら洗濯もOK。その点もお手軽でありがたい。寝ているだけで簡単保湿ケア。ズボラな私に、またピッタリな商品を見つけてしまいました。

写真・文/上原天洋(りぼん) 製品撮影/佐藤健太

Trending Hashtag