第1回第2回第3回とご紹介してきたお守りレシピの最終回になります。人を安心させる絶大な効果があるといわれるハグや、自分の体を自分で優しく叩いたり、今いる場所を替えてみたりと、とりあえずできそうなことからひとつでもやってみましょう。

教えていただいたのは
伊藤絵美さん

伊藤絵美さん

1967年生まれ。公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士。カウンセリングの専門機関「洗足ストレスコーピング・サポートオフィス」所長。クライアントへのカウンセリングのほか、企業研修やセミナー、ワークショップを積極的に開催。『セルフケアの道具箱 ストレスと上手につきあう100のワーク』(晶文社)など著書も多数。

体をなでたり、たたく

自分の体を自分の手で優しくタッチすると、心身のつらさがやわらぐことがあります。頭、首、胸やお腹…体のどこでもOKです。なでたり、トントンと軽くたたくのも効果があります。目をつぶって、手の温かさを感じながらやってみましょう。

自分をなでる

居場所を替える

トイレに閉じこもると落ち着くという人は多いもの。ポカポカした便座ならなおさらです。トイレでなくとも、今いる所から離れて場所を替えることは心理学的に「タイムアウト」と呼び、気持ちを静める効果があるのです。

トイレにとじこもる

ギュッと抱き締める

ハグをしたり抱き締めるという行為には、人を安心させる絶大な効果があるといわれます。実際に家族や友人、ペットとハグするのもいいけれど、ぬいぐるみやクッション、枕をギューッと抱き締めても似たような効果が得られます。

まわりに何もなければ、自分の体に手を回して、自分でハグするのもいいですね。

ハグして落ち着く

イラスト/雨月 衣 指導・監修/伊藤絵美(洗足ストレスコーピング・サポートオフィス) 構成・原文/蓮見則子
※OurAge 2021.04.11掲載

Trending Hashtag