どうも心がザワザワする、息が詰まりそう、なんだかしんどい…。そんなときに気持ちが楽になりそうな、ごく簡単なレシピ集。今回は「バタフライ・ハグ」「氷を握る」の2つをご紹介します。気がついたときに繰り返していると、いつの間にか気持ちが落ち着く、お守りレシピになるかもしれません。

教えていただいたのは
伊藤絵美さん

公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士

伊藤絵美さん

1967年生まれ。カウンセリングの専門機関「洗足ストレスコーピング・サポートオフィス」所長。クライアントへのカウンセリングのほか、企業研修やセミナー、ワークショップを積極的に開催。『セルフケアの道具箱 ストレスと上手につきあう100のワーク』(晶文社)など著書も多数。

バタフライ・ハグ

バタフライとは蝶々のこと。両腕を胸の前で蝶のようにクロスさせ、左右の胸から肩のあたりを手と指で優しくたたきましょう。

左を1回→右を1回→左を1回→右を1回→…というふうに、左右交互にトン、トン、トン、トンと1回ずつゆっくりたたきます。これを2分ほど続けると自然にリラックス。とても簡単なのに、心の傷やトラウマを癒す効果を持つことが確認されている有名な方法です。

バタフライハグ

氷を握る

氷を手でじかに握り締め、溶けるまでその冷たさを感じてみましょう。一見、心のリラックスとは相反するようですが、刺激を与えることで、気持ちが苦しさから離れることがあります。

あまり大きな氷だと体が冷えて逆効果になってしまうので、適度な大きさの氷を使って。

氷を握る

イラスト/雨月 衣 指導・監修/伊藤絵美(洗足ストレスコーピング・サポートオフィス) 構成・原文/蓮見則子 
※OurAge 2021.04.07掲載

Trending Hashtag