(右下から時計回りに)ピンクの衣装を着たマナ、ユウキ、カナ、ユナ

(右下から時計回りに)マナ、ユウキ、カナ、ユナ

双子のマナとカナ、ユウキ、ユナの4人から成る、NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド、CHAI(チャイ)。「NEOかわいい」や「コンプレックスはアートなり」をコンセプトに掲げ、「セルフラブ」の大切さを発信し続けている彼女たちが、あらゆる角度から“体・心・性”に向き合う連載「CHAISM(チャイズム)」! 今月は、「CHAIとピンクの関係」と題して、グループカラーである、ピンクの持つ力について語りつくします。ジェンダーバイアスやエイジズムなど、さまざまな固定観念に囚われることなく、色の魅力やパワーに目覚めることができた4人の思いとは?

CHAI

バンド

CHAI

双子のマナ ( Vo.&Key. ) 、カナ ( Vo.&Gt. ) 、ユウキ ( Ba.&Cho. )、ユナ ( Dr.&Cho. )で編成された、4人組の“NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド”。2017年にリリースの1stアルバム『PINK』がチャートを席巻。2020年には、USの老舗レーベルSUB POPと契約し、2021年には、3rdアルバム『WINK』を発売。その勢いは日本国内にとどまらず、ワールドワイドに活躍中! 公式サイト■https://chai-band.com

CHAIのバンドカラーはなぜピンク? CHAIの連載『CHAISM』vol.3「CHAI in Pink」_3

ピンクの集合体が持つ力に魅せられたCHAI

—CHAIといえば、ピンク! そもそもなぜ、バンドカラーを決めようと思ったの?

カナ
 色を決めようというよりは、最初は4人の衣装をそろえてみようってなったんだよね。

全員 そうそう! なつかしい!

カナ きっかけは、アメリカのロックバンド・Devo(ディーヴォ )の影響! 彼らに出会うまでは、同じ衣装を着たりするのは、アイドルがやることだと思い込んでいたけれど、黄色のジャンプスーツを着たDevoの姿を見て、そういうことをバンドがやるカッコよさ、面白さ、団体のよさに気がついたんだよね。もちろん彼らの音楽も好きだし。

ユウキ その次に、バンドカラーっていう発想にいきついたんだよね。実は、はじめからバンドカラーがピンクだったわけではなくて、結成当初は、赤とか青の時期もあったの。

ユナ みんなバラバラの色を着たりもしてたよね〜。

ユウキ トップスはピンクでボトムは赤とかもトライしたよね! そうしていろいろ着てみた結果、「ピンクは目立つ!」って発見があって。4人でそろえたときの“ピンクの集合体”感がすごく新鮮だったの。私の場合、ピンクを着ることに最初は抵抗があったけれど、みんなで鏡の前で着てみて、そのパワーを体感していくうちに、ピンクが持つ“カッコよさ”や“強さ”に気づくことができて、今では大好きな色!

Devo | Satisfaction | Official Video

1970年代後半に一世を風靡した、テクノポップブームの原型となるバンド・Devo(ディーヴォ)。
イエローのジャンプスーツ、四角いサングラス、赤いコーン型のヘルメットなど、
アルバムごとにスタイルを変化。
楽曲だけでなく、ヴィジュアル面でも常に話題に。

———ユウキさんが当初、ピンクを着ることに抵抗があったのはどうして? 

ユウキ 決してピンクが嫌いだったわけではなくて、私は子どもの頃、「ユウキ」という名前が理由で男の子にまちがわれることが多かったの。そのせいで、なんとなくピンクのアイテムを持ったり、スカートをはいたりすることに違和感を抱いてしまっていたんだよね。本心では、ピンクのものを持ちたかったし、スカートも履きたかったんだけど、気持ちをこじらせちゃってたというか(笑)。そういう理由で、CHAIを結成するまでは小物だけピンクとか、こっそりでしか楽しめていなかったから、最初は気恥ずかしさで、ピンクを着ることに少し抵抗を感じていたんだと思う。でも、ピンクはずっと憧れの色であることはまちがいなかったから、今は、CHAIでいろんなピンクを楽しめていることが本当にうれしい。ピンク愛が爆発している!

全員 
ピンク愛!(笑) 

———他のみんなはピンクを着ることに抵抗はなかった?

ユナ 抵抗あった、あったー!

カナ 私なんて、子どもの頃はピンクが大嫌いだった! ピンクに抵抗がなかったのは4人の中でマナだけじゃない?

マナ そう、私は全然抵抗なかった!

ユナ 私も子どものときは、ピンクは可愛らしい女の子が身につけるカラーで、私はキャラクター的にピンクが似合わないって思い込んでいた。逆に、「自分のキャラクターは赤だ!」って思って赤をよく着ていて、全身、赤の服で登校していた。赤のタイトなパンツに赤のトップスを着て、赤のキラキラしたランドセルコーデをしていたの(笑)。

全員 爆笑!

マナ 学校イチ目立つ(笑)。

ユナ そうだよね(笑)。でも、ユウキが言ったみたいに、心の中ではピンクを着ることへの憧れがずっとあったかな。堂々とピンクを着ている子がうらやましかった。だから、CHAIでピンクを着ることができるようになったときは、「ついに私にもこのときが来た!」と思ったんだよね。実際にピンクをまとってみたら、この色が自分の新たな扉を開いてくれる感じがしたし、私は無敵だって思わせてくれた。

マナ 私はみんなと違って、子どものときからピンクが大好きで、ピンクばかり着てた!   カナは子供の頃は水色ばっかり着ていたよね?

カナ そうだね〜。私は色に対しての憧れや先入観は特になかったけれど、純粋に青とか緑とか寒色系が好きっていう好みがはっきりしてた。マナはピンクとかリボン、レースが大好きで、マナとは同じ服は着たくない、同じ色を好きになりたくないって気持ちもあったから、自然とピンクを持ったり着たりはしていなかったかな。でも、大学生になって、ファッションにハマったら何色でも楽しめるようになった! 「どんな色でも着れるじゃん!」みたいな。そのなかでも、ピンクはすごく目立つし、強い色だっていう感覚を覚えたかも。

CHAIのバンドカラーはなぜピンク? CHAIの連載『CHAISM』vol.3「CHAI in Pink」_4

ピンクが持つ多面性をCHAIのクリエイティブで魅せる

———CHAIが、「ピンク」をまとうことで伝えたいことは?

マナ 日本では、年齢を重ねるごとにピンクを着る機会が減っていくのを感じていて。でも、ピンクは、大人になっても着たい、誰にとっても憧れの色だと思うんだよね。いくつになってもみんな、“心はピンク”な気がして! だから、私たちなりのピンクの楽しみ方を世の中の人に見せて、自然とピンクを着られる人が増えたらいいなって思いがある。

ユナ そうそう、日本だと学校の制服ってだいたい白シャツにネイビーとかだし、年齢を重ねるごとにピンクとの距離ってどんどん離れていって、「5キロ? 10キロ先かな?」ってくらい遠い存在になっていっちゃうよね。だから、CHAIとして、そしてyoiを通して、いろんな色を着て表現できている今が幸せ! 今日の撮影からもその感じが伝わったらいいな!

ユウキ ピンクって、ラブリー、小さい子、キャラクター的な可愛らしい色という印象が根強くある色でもあると思うの。今でこそ変わりつつあるけど、女の子の色という固定観念とかもそう。本当は誰もが楽しめる可愛さもカッコよさも兼ね備えた色だと思うし、身につける人によって表情が変わるのが魅力な色なのに……。ピンクに限らず、今はもう色にまつわるあらゆるバイアスから解き放たれていきたいよね! だから、CHAIの楽曲やステージなどであらゆるピンクの使い方を見せて、この色が持つ多面性をみんなに提示したいと思ってる!

私たちが掲げている、“NEOかわいい”の「可愛さの正解は、ひとつではない」というメッセージとも、ピンクはリンクする部分がある。可愛さもあり、強さもあり、輝きもあるピンクは、私たちに素晴らしいパワーを与えてくれる色だよって、これからもCHAIの活動を通して伝えていきたいと思っているよ!

CHAIのバンドカラーはなぜピンク? CHAIの連載『CHAISM』vol.3「CHAI in Pink」_5

MV『IN PINK (feat. Mndsgn) 』をCHECK!

CHAI - IN PINK (feat. Mndsgn) - Official Music Video

今年発売された、アルバム『WINK』のリードトラック『IN PINK (feat. Mndsgn)』は、
CHAI のテーマカラーであるピンクに改めて向き合った楽曲。
ピンクの持つ無限の力を感じて。

CHAIの音楽を聴こう!

撮影/Sophie Isogai(kiki) ヘア/夛田恵子(mod's hair) メイク/YUKA HIRAC(VOW-VOW) スタイリスト/小林聡一郎 タイトルカリグラフィー/金澤繭子 取材・文/海渡理恵 企画・編集/高戸映里奈(yoi)

【マナ】コート¥46,200・サロペットスカート¥63,800/mikiosakabe(jennyfax)   ワンピース¥31,900/PR01.TOKYO (tsuyoshi yao)   トップス¥30,800/SIIILON(SIIILON)   ブーツ¥42,900/FOOLS Inc.(grounds) 
【カナ】ダウン¥74,800/mikiosakabe(mikiosakabe)   ベスト¥31,900/PR01.TOKYO (tsuyoshi yao)   ロンパース¥23,100/ENKEL(doublet)   スニーカー¥27,500/FOOLS Inc.(grounds) 
【ユウキ】ファージャケット¥93,500/mikiosakabe(jennyfax)  ベスト¥97,900・パンツ¥35,750/TENDER PERSON(TENDER PERSON)   Tシャツ¥28,600/ENKEL(doublet)   スニーカー¥29,700/FOOLS Inc.(grounds) 
【ユナ】カーディガン¥35,200・パンツ¥30,800/NEONSIGN(NEONSIGN)   ベスト¥63,800/mikiosakabe(mikiosakabe)   パーカー¥33,000/TENDER PERSON(TENDER PERSON)   スニーカー¥49,500/ENKEL(doublet)



【SHOP LIST】
ENKEL 03-6812-9897
FOOLS Inc.  customer@fools-inc.com
mikiosakabe  03-6279-2898
NEONSIGN  03-6447-0709
PR01.TOKYO  03-5774-1408
SIIILON  info@siiilon.com
TENDER PERSON info@tenderperson.com

Trending Hashtag