コンセント(同意)を知ってますか?

SNSを通じて世界的に広まった「Tea Consent(お茶と同意)」の動画。この動画の作者による本が、日本語に翻訳されました。性的同意の考え方の基本にもなる「自分の体は自分のもの」「自分のことは自分で決める」という意識が、子どもにわかりやすい言葉で要約されています

おうちで伝える「自分を守る」性教育
【おうちで伝える「自分を守る」性教育】はまじが性教育アドバイザーのじまなみさんと対談
この記事は2020年11月7日発売LEE12月号の再掲載です

注目の新刊

「子どもを守る言葉『同意』って何? YES、NOは自分が決める!」

動画「Tea Consent(お茶と同意)」を作ったアニメーターが、その思いや考えをまとめた本を日本で翻訳。「子どもを守る言葉『同意』って何? YES、NOは自分が決める!」¥1600/集英社

point1

からだの自己決定権

本の中で繰り返し伝えられるのが「自分の体をどうするかは、自分で決める」ということ。他人に触らせるかどうか、YESと言うかNOと言うかなど、性的同意にもつながる問いかけが。

point2

自分の気持ちを信じよう

「気持ち悪い」「なんだか嫌」など自分の感覚を信じて従っていいという指南も。ちなみに、イラストの人物は、あえて男女の性差がわからないように表現されている。

point3

ハッキリと同意をかくにんしよう

YESと言っても、同意しているかどうかはわからない。同意は、しっかり言葉でやりとりし、コミュニケーションを取ることでわかるという、大人にも子どもにも大切なことを伝える。

point4

気が変わっても構わないイラスト

YES、NOは自分の条件で設けたバウンダリー(境界線)で決めていいとの言葉が。また、一度決めたことでも、やっぱり嫌だと感じたら、気が変わったと言ってもいいとも!

point5

キミは悪くない。わるいのは大人のほうイラスト

裏切る人間もいると、性犯罪をイメージさせる表現が。でも、たとえ怖いこと、嫌なことがあっても、すべて大人が悪いとあり、子どもが自分を責めてしまわないような配慮も。

 

大人でも大切な“気付き”がある本

翻訳家の中井はるのさん

児童書翻訳・文章作家。翻訳に『ワンダー』(ほるぷ出版)、『グレッグのダメ日記』(ポプラ社)などの人気シリーズがある。

「この本は、子どもに向けて『他人から嫌なことをされそうになったら、どう身を守るか』を伝えるのが大きなテーマです。でも、大人でも本当は嫌なのに流されて同意したり、無理やり『うん』と言わされたなんて経験が誰しもありますよね。YESとNOの境界線は自分で決めていい、もちろんNOと言ってもいいという考え方は、あやふやな文化の日本では大人にも響くと思います」(中井さん)

1億5000万人に指示された動画「お茶と同意」

おうちで伝える「自分を守る」性教育
【おうちで伝える「自分を守る」性教育】はまじが性教育アドバイザーのじまなみさんと対談

取材・原文/野々山 幸(TAPE)
※LEE2020年12月号掲載/@LEEweb 2021.01.04掲載

Trending Hashtag