生理とともに人生を歩み始めて、かなりの年月がたちます。近年は、PMSへの対策グッズのバリエーションの豊富さや、経血量の状態に合わせて生理用品を選ぶことができたりと、生理とともに生きる暮らしをより快適にする方法が増えているな~と実感しています。

しかし、このフェムテック全盛といっても過言ではないこの時代でも、実態がわからないのが「生理期間中のにおい問題」。その期間中、本当に経血のにおいが周囲にバレているのか、いないのか正直わからないでいます。自分自身、家族や仲がいい友人に「生理のにおいに悩んでいる…」と言われても、「え!?全然気にならなかった…」と、気づかなかったことがほとんど(ショーツの上にボトムスをはいていますし、コロナ禍以降、他人と接近するシーンが少なくなったというのもあるかと思います)。

とは言うものの、トイレで生理用ナプキンを取り替える際、ショーツを下ろした瞬間などは気になることはやはりありますよね。生理期間中のデリケートゾーンのにおいは、対策しようにも、香水をつけるわけにもいかないし、脱臭効果があるとされる生地を使用したショーツも効果があったのか判断が難しい…ということが多かったのです。そんなときに、伊勢丹のビューティアポセカリーで出合ったのが、ドクターズアロマテラピーブランド『ビィオセンシィエール』のボディスプレーでした。



今日のEditer's Pick!

デリケートゾーンにも使える!『ビィオセンシィエール』ボディスプレーで快適な生理ライフを_1

ビィオセンシィエール ウィズジョイ 10ml ¥8,580/ビィオセンシィエール www.biossentiel.co.jp/

 「体に使用するものは食べ物と同じであり、口にできないものは使用しない」という理念に基づいたこのブランド。使用する精油の原料となる花やハーブはすべてエコサート認証を受けているオーガニックな材料を使用しています。

今回ゲットしたボディスプレーは「with joy」と名づけられたもの。ラベンダーやユーカリ、セージやティーツリーなど、穏やかですっきりとした香りが特長です。衝撃を受けたポイントは、なんと言っても、香りの強さ! 「ボディスプレー」というと、シュッとした瞬間はふんわりと香って心地よいのですが、正直、持ちがよくないことがほとんど。この「with joy」に関しては、本当に濃厚で、エッセンシャルオイルの香りの強さそのもの。これまでのボディスプレーの概念を覆す1本でした。

また、体に優しい処方なので、デリケートゾーンにも安心して使えるのがうれしい。生理期間中、ナプキンを装着する前のショーツに軽くひと吹きしておくだけで、においがかなり気にならなくなりました。トイレでショーツを下ろすときにふわっと香るのもときめきポイントです。コンパクトな10mlボトルなので、リップと一緒にコートのポケットに忍ばせて常に持ち歩いています。香りがよすぎて、ついシュッとしすぎてしまうのが悩み。

気にならないようで、実は小さなストレスだった「生理間中のにおい」問題を、鮮やかに解決してくれた優秀アイテムでした。

写真・文/堀江ともみ 製品撮影/新谷真衣

Trending Hashtag