あなたは今、身につけているブラのフィット感に満足していますか?
自分に合ったものを選んでいるつもりだけど、「ワイヤーがあたって痛い」「カップの上が浮きがち」なんて悩みがあるとしたら、その原因はバストの左右差にあるのかも!?

ありそうでなかった、新発想のアイテム誕生!

将来の悲しい「下垂」を防ぐためにも、服を着たときのシルエットを美しく見せるためにも、バストにぴったりフィットするブラが大切なのは周知のとおり。でも、ほとんどの人のバストは左右で大きさやカタチに差があるといいます。18〜50歳の女性5000人を対象にしたアンケート(FITTIN調べ)によると、約7割は左胸のほうが大きく、約80%の女性が左右差によって生じるフィット感の悩みを抱えているのだそう。

そんな現状を踏まえて誕生したのが、新発想のランジェリーブランド「SAYUSA〜toiro〜」(サユサ トイロ)。なんと、バストに合うサイズを左右それぞれ選んでカスタマイズできるんです!

SAYUSAの左右のブラジャー画像

バストの左右差、実はどちらに合わせても困ったことが…

左右差が大きいために「パッドで調整している」という人もいる一方、それほど差がなかったり左右差を実感していないと、「どちらか片方でもぴったりならOK」「まぁ、こんなもの」と思い込んでいる人が多いのが現状です。

フィッティングサロンで年間300〜400人のカウンセリングを担当してきたというプロジェクト開発・マーケティング担当の本間佑史子さんいわく、“日本人女性は自分のバストを小さめに設定しがち”とのこと。しかも、これが「困った」状態を加速させる恐れがあるというのだから聞き捨てなりません。今つけているブラのつけ心地を下のイラストと照らし合わせて、あてはまるものはありませんか? 小さいサイズでも大きすぎるサイズでも、着用し続けるとこんな「困った」事態に…。

間違ったブラ選びの弊害

〈小さいサイズを着用し続けた場合 〉
バストの血行を妨げてしまうため、肩こりなどの原因に。また、バストを押さえつけるので、形状の崩れや、摩擦による皮膚ダメージを引き起こしやすくなります。
※6〜7割の女性は小さめのブラジャーを着用( FITTIN調べ)

〈大きいサイズを着用し続けた場合〉
バストは縦揺れに弱い形状なので、体を動かしたときなど、フィットしていないブラジャーでより揺れやすい状態だと、バストを支えるクーパー靭帯へのダメージも大きくなります。これが下垂や形状の崩れを引き起こす原因に。

左右で違うバスト。大小どちらに合わせて選んでも「今ひとつ…」を解消するには_3

カップA〜F×アンダー65/70/75×厚み2種類から自分に合ったブラを選べる。カラーはピンク・ベージュ・ラズベリーの3色で、左右で違うサイズを選ぶとその組み合わせは216パターン!
「SAYUSA〜toiro〜」(サユサ トイロ) 左右各¥3,300 support@toiroofficial.jp

「SAYUSA〜toiro〜」着用イメージ

サイドからバストを中心に集めるL字ワイヤー、バストの上辺が浮きにくいカップ形状、安定感がありながらくい込みにくくラインも響きにくいバックバンドなど、左右差以外でもバストを美しくサポートするこだわりがちりばめられています。ブラジャー片側単体¥3,300、ショーツ単体¥2,200で、ブラジャーとショーツのセットだと¥7,700とお得なプライスに。

購入は下記の公式サイトから。サイズの選び方が詳しく紹介されているほか、商品が届いて試着後にサイズが合わなかった場合は14日間のサイズ交換サービスも。バストの左右差が気になる人は早速試してみては?



「SAYUSA~toiro~」(サユサ トイロ)

取材・文/佐藤素美

Trending Hashtag