昨年まではなかなか難しかった旅行を、今年は楽しみたい! そんな気持ちで、どこに出かけようか計画している人も多いはず。とくに“旅先で心身ともにリフレッシュしたい”という声が多く、今改めて、温泉の魅力が見直されています。

そんななか、温泉の美肌効果について知ることができる注目のウェブサイト「温泉×肌サイエンス」が誕生。肌科学の知見や分析技術をもとに、温泉ごとの美肌作用を科学的に検証したユニークな結果が公開されています。

温泉でくつろぐ女性

科学的に分析した温泉の美肌効果がわかる!「温泉×肌サイエンス」サイト

このサイトを発信しているのは、『ポーラ・オルビスホールディングス』が展開している「美肌ウェルネス プロデュース プロジェクト」。肌だけでなく、心も身体も美しく、健やかな状態=“美肌ウェルネス”につながる、コスメ以外の新しい方法を探求、発信するプロジェクトです。

温泉×肌サイエンス サイトトップ画像

ポーラ・オルビスグループの肌科学研究者である多田明弘さんによると、実はこれまで、“温泉に入って肌がうるおった、なめらかになった”というおなじみの感想について、その効果を科学的に裏付けるデータはほとんどなかったんだとか。

そこで、プロジェクトの一環として『ポーラ・オルビスホールディングス』が、多くの温泉地を擁する島根県と共同で温泉の研究を実施。良質な温泉が多数存在する島根県内のさまざまなエリアから14の温泉宿をピックアップし、その泉質を化粧品研究の肌分析技術を用いて科学的に分析しました。

今回の研究では、温泉に訪れた人の肌に触れる成分を適切に評価するため、源泉ではなく、実際の浴槽に注がれた温泉水を採水して分析。そして、肌のうるおい力や保護力の指標となる角層、肌トラブルの原因となる不要な皮脂という2つに特に着目して、温泉の肌への影響を調査しました。その結果、14の温泉がそれぞれに美肌作用を持つことが判明! その分析結果をもとに、温泉の美肌効果をわかりやすく伝えるウェブサイト「温泉×肌サイエンス」が誕生したのです。

“天然の美容アイテム”、温泉には6種の美肌泉質があった!

6タイプの泉質

さらに今回の研究では美肌作用別に泉質を6タイプに分類できることを見いだしたため、サイトでは、肌への効果をベースにさまざまな温泉地から行きたい温泉を選ぶという新しい提案も発信しています。

肌のゴワつきが気になる人向けの「湯磨きピーリング温泉」や、肌をほぐしてスキンケア成分が浸透しやすい状態に整える「ほぐしブースター温泉」、肌のうるおい力に働きかける「エクスプレス潤化温泉」など、6つの泉質分類のネーミングもなんとも魅力的! 日頃からスキンケアで実現したいと思っている美容効果ばかりで、温泉が“天然の美容アイテム”といわれるゆえんにも改めて納得です。

「温泉×肌サイエンス」サイト内の温泉検索機能

サイト内の“温泉を探そう”機能では、6種の泉質や島根県内のエリア別などで、今回の研究対象となった温泉宿の検索が可能。自分の肌の調子に合わせて選びたい場合は、該当する肌悩みの項目などにチェックを入れて、おすすめの温泉を探すこともできます。

古くから温泉は、心身をケアする場として日本人には身近なもの。温泉の特徴や効能を肌科学の視点で見つめ直してみると、温泉選びの楽しさや満足感も変わってきそうです。ゆっくり温泉に浸かって、癒やされながら美肌になりたい——。そんな気持ちになったら、「温泉×肌サイエンス」のサイトで温泉の美肌効果を学びつつ、ワクワクしながら温泉旅行のプランを練ってみては?

構成・文/政年美代子 Photo by Tomwang112 / iStock / Getty Images Plus

Trending Hashtag