リモートワークをしていてハッと気づいたら夕食どき…。買い物に行く時間がない! あるいは、遅く帰ってきた夜、疲れ果ててイチから食事を作る気力がない…! そんな経験、ありませんか? 私はそういうとき、ついついパスタとかコンビニおにぎりとか、「野菜ゼロ、炭水化物90%」みたいな絶望的栄養バランスの簡単食で済ませがちだったのですが、そんな多忙&ずぼらな人間の救世主を先日、発見しました!


今日のEditor's Pick!

忙しい毎日でも、健康のために必要な栄養素をちゃんととりたい。おいしい食事をとりたい。そんな人のために、“世界初の完全食味噌汁”を栄養士が開発。その名も「MISOVATION(ミソベーション)」! 「完全食」とは、1食で1日に必要な栄養素の3分の1が摂取できる食品のことなんだそうですが、このMISOVATIONは厚労省が「日本人の食事摂取基準」で定めた31種類の栄養素を含んでいる(※)とのこと。

※)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」より18~49歳男女の推奨量・目標量・推定平均必要量・目安量をもとに、通常の食生活であれば不足するリスクが低いとされている熱量・脂質・炭水化物・マグネシウム・リン・マンガン・クロム・パントテン酸・ビオチンを除き、すべての栄養素で1日分の基準値の3分の1以上を含む

もともと毎朝野菜スープをとっていることが唯一、私が自慢できる“健康法”。かれこれ20年以上続いている朝のルーティンなのですが、なぜそんなに継続できているかといえば、単純にスープが好きだから(笑)。でも、食欲のない朝でも飲みやすく、簡単にできて、おまけに体を温めてくれ、いろんな野菜やタンパク質を一気にとれるスープは本当に便利なのです。

そんな私でも、初めて取り寄せたときのMISOVATIONはかなりの衝撃!でした。なぜなら…


 

MISOVATIONの完成画像

見てください、この具だくさんっぷり!!
写真は11月にいただいた沖縄・宮古島「マルキヨ味噌」を使ったMISOVATIONの1食分ですが、1食あたりの調理後重量はなんと400g。豚肉、揚げナス、かぼちゃ、小松菜、豆腐、しいたけ、大根、ニンジン、ブロッコリーがまさに「ごろごろ」っと入っていて、とてもじゃないけど通常の味噌汁椀には入りきりません。

それだけに、遅く帰ってきた夜でもこれ1杯でかな~り満足。なんてったって、電子レンジで5~6分あればできちゃう手軽さは感涙もの! さらに、こんなにたくさんの種類の野菜とタンパク質をたっぷりとれるという心理的安心感がうれしいんです。ちなみに、現代人に不足しがちな25種類のビタミンとミネラル、食物繊維、さらに味噌や甘酒、枯節など日本古来の発酵食品が含まれているので、腸内環境にもかなりよさそう♪

MISOVATIONのパッケージ

MISOVATION 内容量:約265g(商品によって若干前後します)885円/個~1058円/個(購入プランによる)公式サイトで購入可
https://misovation.com

袋から出したときの具材の様子

こちらは袋から出したばかりの具材の様子。購入は単品4個セット(お試しプラン)なら1食1,058円、定期4個なら1個あたり972円、8個なら928円、12個なら885円で、冷凍状態で届きます。袋のままよくもみほぐして具材をバラバラにしたら器に移し、水を150㏄入れ、600Wの電子レンジで5分30秒加熱すればできあがり。

水の代わりに投入で作ったMISOBATION

こちらは水の代わりに豆乳を使ったポタージュ風の味噌汁に、温泉卵を投入したアレンジバージョン。私は味変でちょっとカレー粉を入れたり、味噌ポタージュにはミモレットなどチーズをトッピングしたりして楽しんでいます。もちろん、冷蔵庫に残っていた野菜を別途チンして加えたりも。その場合はかなりのボリュームになるので、ふだんの朝スープの代わりに夫と1食分をシェアしても十分な量があります。

寒い夜、遅く帰宅して買い物する元気がなくても、これが冷凍庫にあれば、体の温まる栄養たっぷりな食事がすぐとれる…って、なんて幸せ! 飽きずに続けられるよう月替わりで、日本各地のいろいろな味噌蔵のこだわり味噌を使ったMISOVATIONが届きます。

このMISOVATIONを開発した栄養士さんは、ご自身も多忙な生活の中で健康的な食事がとれないことを痛感。でも健康食品はおいしくないし続けられない…という現実に直面して、「めちゃくちゃおいしい味噌汁」を作れば、ガマンせず、心も満足して健康になれるのではと考えたのだそう。いやこれ、本当に正解です。日本人のソウルフード、味噌汁で健康&ハッピーに。2022年、皆さんにもおすすめしたい、おいしい健康食です!

Trending Hashtag