毎月訪れる生理期間。生理自体の面倒くささ(毎月タオルか、ショーツ、シーツを血で汚します。周期を把握して、事前に準備ができる方に憧れます)のみならず、PMS(年々食欲と睡眠欲が高まっている気がします)並みにつらいのが、肌が極端に弱くなること。顔の皮膚だけでなく、ショーツやナプキンが直接当たる臀部周辺が特にひどい!

私自身の生理は、「量が多くて、期間が短い」のが特徴。期間が短いのはありがたいですが、量が多いためにナプキンを頻繁に替えねばならない。肌が敏感になる生理期間中は、ナプキンを替えそびれると、長時間生理用品の素材や経血が肌に触れていたせいで、摩擦で赤くなってしまうこともありますし、ひどいときは皮膚がずるっと剥けてしまうことも…!(早く皮膚再生してくれ~と願いながら、そろりそろりと歩く日々……)

月経カップも使用してみたのですが、装着時の快適さには感動したものの、着脱する瞬間の違和感や体の動かし方になかなか慣れず。結局ナプキンに戻りました。そんなときに出合ったのが、職場の先輩におすすめされて以来、気になっていたオーガニック&ナチュラルの生理用品メーカー『ナトラケア』のナプキン。

今日のEditor's Pick!

生理期間中、優しく寄り添ってくれる『ナトラケア』。多い日も安心の「マキシパッド スーパー」と出合った話_1

ナトラケア マキシパッド スーパー(12個入り)¥693/おもちゃ箱(ナトラケア) 0120-070-868

今回使用したのは「マキシパッド スーパー(多い日-夜用・羽なし)」! 「ふつうの日」サイズは過去に数回使用したことがあるのですが、夜用サイズは初。短期間で終わるけれど量が多い私にぴったりです。

ほかのシリーズよりも少し厚みがあり、フワフワ。きめの細かなオーガニックコットンのトップシートが、弱い肌にも寄り添ってくれます。一見、シンプルなつくりなので、本当に多い日に大丈夫かしら、と不安になるのですが、漏れることなく過ごせました。トイレに入って、すぐに取り外せるのも羽なしナプキンの便利な点。生理期間中、肌が弱っているときは“羽つき”タイプの生理用ナプキンの羽でも肌が荒れてしまう私でも、安心して使えました。

また、環境に負荷をかけない素材を使用しているのも、『ナトラケア』に絶大なる信頼を置くポイントのひとつ。公式ホームページの商品紹介を開くと、各アイテムに使用された素材が、製品の部位ごとに細かく説明されていて、なんて真摯なんだろう…と感激しました。価格は確かに一般的なナプキンよりも少しお高め。でも、使いはじめてから、肌がナプキンで派手にかぶれることも減りました。オーガニックコットンならではの柔らかな素材のナプキンをポーチに入れておくことで得られる安心感も。お守りのように日々ポーチに忍ばせて、持ち歩きたいアイテムです!

写真・文/堀江ともみ(SPUR) 商品撮影/伊藤奈穂実

Trending Hashtag