フェムテックアイテムの代表格として近年浸透した、吸水ショーツや月経カップ。いろいろ試した結果、あくまで私の場合…ですが、生理用品はコレ!に落ち着きました。

今日のEditor's Pick!

フェムテック生理用品をいろいろ試したけど、私はコレに!「ソフィ ORGANIC®オーガニックコットン」シリーズ_1

身近なドラッグストアで手に入れられるからこそ、使い続けられる!
「ソフィ ORGANIC®オーガニックコットン」シリーズ。
上から時計回りに、ナプキン 特に多い昼用 羽つき 15個¥398、おりものシート 52個¥398、ソフトタンポン スーパー 27個¥898(価格はすべて編集部調べ)/ユニ・チャーム 0120-423-001


吸水ショーツや月経カップの画期的な便利さも体験したのですが、子どもが幼くて毎日一緒に入浴しているため吸水ショーツの手洗いのタイミングが難しい、不器用なせいなのか月経カップがどうしてもうまく入れられない…などの個人的事情もあり、長く使っている「タンポン+ナプキン」が私にはやっぱり快適!と、最近、原点に立ち返りました。

さらに、近年登場したオーガニックコットンナプキンを試してからというもの、その快適さを知り、以前使っていたナプキンには戻れなくなりました。一般的な生理用ナプキンに含まれている、経血を固める高分子吸収材(高分子ポリマー)を使っておらず、敏感なデリケートゾーンが触れる素材がオーガニックコットンで肌に優しい、というのがオーガニックコットンナプキンの特徴。

そこで、最初に選んで以来、愛用しつづけている商品が「ソフィ ORGANIC®オーガニックコットン」シリーズ。もう使われている方も多いかもしれないですね。

オーガニックコットンの性質上、これまで難しかった”モレにくい””ムレにくい”という条件を、ユニ・チャームが開発した2つの特許技術(オーガニックコットン層を含んだ2層構造と、繊維を編み込んで作る独自の凹凸シートの成型方法)で実現したのが、こちらのナプキン。毎月使う生理用品なので、どんないい製品でも使い続けられなければ意味がないはず。その点、このソフィの商品は近所のドラッグストアなど多くのお店で手軽に買えるし、続けられるお値段なのがありがたい。

そして、同じオーガニックコットンで「おりものシート(パンティライナー)」と「タンポン」までそろっているのがすごくいい!んです。

フェムテック生理用品をいろいろ試したけど、私はコレに!「ソフィ ORGANIC®オーガニックコットン」シリーズ_2

個人的な感覚かもしれませんが、デリケートゾーンへの肌触りって、経血の多い生理期間中はしっかり吸収してもらさないことを重視するから気になりにくいけれど、生理前後のおりものシートをつけている期間のほうがすごく気になって。私は肌当たりやムレる感じなどの違和感が苦手で、おりものシートをつけたほうがよさそうな日もつけない、ということがありました。

でも、このシリーズのおりものシートなら、臆せずいつでもつけていたくなる! 手で触っても、デリケートゾーンに触れても、従来のものよりフワッさらっとした感じがあり、ムレにくいので、とても気に入ってます。

中学生の頃から使い慣れているタンポンは、モレの心配などが少なく頼りにしているのですが、やはり体の中に入れるので、直接触れる部分が100%オーガニックコットンのものが安心と思うように。国産製品では、表面材にオーガニックコットンを使用したタンポンは現在このソフィのものだけだそうで、こちらも使い続けられる価格なのが本当に助かる!

私が使っているのは、羽つきナプキンと、おりものシート、ナプキンの3種類ですが、ほかにも「ソフィ ORGANIC®オーガニックコットン」シリーズでは、生理中のお腹~腰をあたたかく保ってくれるサニタリー用の「温活ショーツ」も展開。こちらも次は試したい!と気になっています。

こんな優れたオーガニックコットンの生理用品を、身近なスーパーやドラッグストアにまで流通させてくれたユニ・チャームさんには、本当に頭が上がりません!

写真・文/マロミ(LEE)

Trending Hashtag