「yoi」は、”ビューティウェルネス”をテーマに、心と肌、体をセルフケアできるコスメをご紹介しています。今回のテーマは“デリケートゾーンケア”肌や体をケアするように、デリケートゾーンも専用のアイテムで慈しみながら優しくケアしましょう。第12回は、『Pubicare organic(ピュビケアオーガニック)』のフェミニン M ソープ LTをご紹介。

日本初のデリケートゾーン専門美容サロン×オーガニック製品メーカー発のフェムケアブランド『Pubicare organic(ピュビケアオーガニック)』とは

『Pubicare organic(ピュビケアオーガニック)』は、日本初のデリケートゾーン専門美容サロン「ピュピュケアサロン白金台」と、創業30年のオーガニック製品メーカー「たかくら新産業」が2010年に立ち上げたフェムケアブランド。自分のからだと向き合い、知り、丁寧にケアすることが健康につながると考え10年以上前からオーガニックを通じて女性の健康を考えてきたブランドだからこそ、厳選した上質なオーガニック成分で、確かなケアを叶えます。

今回のデリケートゾーンケア名品は…【Pubicare organic(ピュビケアオーガニック)フェミニン M ソープ LT 】

Pubicare organic(ピュビケアオーガニック)フェミニン M ソープ LT フェムテック デリケートゾーンケア カンジダ 性感染症 性病

フェミニン M ソープ LT 220mL ¥2750/Pubicare organic

今回は、繰り返す痒みに! 膣カンジダを予防する特許成分を日本初配合したデリケートゾーン用のソープ『Pubicare organic(ピュビケアオーガニック)「フェミニン M ソープ LTをピックアップします。


繰り返す痒みに! 膣カンジダを予防する特許成分を日本初配合

Pubicare organic(ピュビケアオーガニック)フェミニン M ソープ LT フェムテック デリケートゾーンケア カンジダ 性感染症 性病 2

近年、女性に増えているといわれる膣カンジダ症。5人に1人は膣カンジダの経験があるといわれ、ポピュラーな病気としても知られていますよね。カンジダ菌自体は、健康な人の皮膚や粘膜、膣などに存在する常在菌ですが、疲労や風邪などの免疫力低下、抗生物質による常在菌バランスの崩れ、生理前後や妊娠によるホルモンバランスの変化などによって膣内のpHが変化して、カンジダが増殖して、膣カンジダを発症します。

「フェミニン M ソープ LT」は、昨今、急増している膣カンジダ症の背景から、不快な症状を軽減し、予防することを目的として開発。『Pubicare organic(ピュビケアオーガニック)』を代表するアイテム、「フェミニン シフォン ソープ」をベースとした安心・安全の100%天然由来成分にこだわりながら、必要な常在菌は殺さずに、カンジダ菌だけに作用するナマコ由来の特許成分“ホロトキシン”を日本初配合。さらに、抗菌・殺菌作用のあるレモンマートル&ティーツリー、消臭成分NONIを加え、気になるニオイまでもすっきりとケア。

また、濃密な泡をつくるために容器にまでこだわり、ポンプと丸みのあるボトルを採用。ふわふわの濃密マシュマロ泡でデリケートゾーンをやさしく包み込みながら、ニオイや汚れを落とし、清潔に洗い上げます。

実際に美容ライターが使ってみた!お試しレビュー

Pubicare organic(ピュビケアオーガニック)フェミニン M ソープ LTを実際に試してみた フェムテック デリケートゾーンケア カンジダ 性感染症 性病

実際に『Pubicare organic(ピュビケアオーガニック)』フェミニン M ソープ LTを試してみました。

すっきりとした香りのもっちりとしたマシュマロ泡が、やさしく包み込むようにして洗い上げてくれます。実は産後から体質が変わったのか、疲れたときや風邪で抗生物質を飲んだあとなどにカンジダになる頻度が高くなり、酷いときには、毎月のようにクリニックや薬局にかかる日々でした(涙)

自分ではコントロールできず、これもまたストレスになっていたのですが、「フェミニン M ソープ LT」を使うようになってから、驚くことにカンジダを発症することがなくなりました…! デリケートゾーンの悩みがなくなるのは、こんなにもストレスフリーなものなのかと感動。まさに私の救世主アイテムです。

撮影/柳 香穂 取材・文/木土さや 構成/渋谷香菜子