自分の体について、どのくらい知っていますか? 自分をケアするためには、自分の体をよく知ることが必要です。また、他者とコミュニケーションを取る上でも、自分とは違う体について正しい知識をもっておくことが欠かせません。yoiに寄せられた女性の体についての素朴な疑問や不安に、吉本レディースクリニック院長・吉本裕子先生にお答えいただきました。

専門医が回答!女性の体Q&Aまとめ

Q1."女性器"って膣のこと?デリケートゾーンってどこですか?

A1:外陰部から腟、子宮、卵巣までのすべてを含み「女性器」と呼びます

女性器イラスト

吉本先生:腟は女性器のほんの一部です。デリケートゾーンやフェムゾーンと呼ばれるのは「外陰部(外性器)」のことで、体内にある膣、子宮、卵巣は「内性器」にあたります。複雑な構造をしているうえに、自分の性器を日常的に見ることはないかもしれませんが、全体がどのようになっているかきちんと知っておくとよいでしょう。

Q2.自分のデリケートゾーンを見ることに抵抗があります…。

A2:見るよりも、触ることで自分の構造を知ることが大事

デリケートゾーンのイラスト

吉本先生:外陰部は構造を知っておくことが大事であって、必ずしも見なくてはいけないわけではありません。外陰部の図などを見ながら手で触ってみて、「ここはこういう構造になっているのか」と自分の外陰部を把握してみましょう。

ただし、できものやかぶれといった変化が生じたときは見て確認したほうがよいです。外陰部のどこに変化があるのか触れてみたうえで、鏡を使ってセルフチェックしてみましょう。陰毛が生えていると自分では見えづらいと思うので、痛みやかゆみがあって心配なときは婦人科へ。

Q3.デリケートゾーンの小陰唇の黒ずみが気になります

A3:肌や髪の色と同じように個性ととらえ、持っているものを受け入れましょう

デリケートゾーンの小陰唇の黒ずみが気になる

aslysun / Shutterstock.com

吉本先生:気にしすぎないでOKです。というのも、色の黒ずみは基本的には女性ホルモンの状態によるものであり、かなり個人差があるから。乳首の色も同様で、年齢やホルモン量によって変わります。

また、形も人によって大小さまざま。私は普段たくさんの人を診察していますが、よっぽどじゃない限りはおかしいと感じる点はありません。どうしても気になるなら、第三者の意見を聞く意味でも、婦人科で診てもらうとよいかもしれませんね。

Q4.小陰唇が大きすぎる気がします。手術はできますか?

A4:日常生活で困ることがなければ問題ありません

デリケートゾーンの小陰唇が大きすぎる気がします。手術はできますか?

christophertp92/Shutterstock.com

吉本先生:大きすぎる…というのが気にしすぎである場合は多いものの、治療を行うかどうかはご本人次第。私の場合、患者さんが日常的に困っているならば治療の提案をしますし、とくに困っていなければ、そのままでいいのではないかという話をします。

小陰唇を小さくするには縮小手術を行いますが、切除してから傷口が塞がるまでは痛みで座るのもつらいです。治療を受けるにしても、日常生活への影響を慎重に考えましょう。

Q5.デリケートゾーン用ソープは使ったほうがいいの?

A5:ぜひ使ってください!

デリケートゾーン用ソープは使ったほうがいいの?

Pixel-Shot/Shutterstock.com

吉本先生:外陰部は非常に皮膚が薄いので、ボディソープだと刺激が強すぎて乾燥の原因に。そもそも婦人科の間では、ぬるま湯で優しく洗う程度でも十分とされているのです。それだけではさっぱりした感じがしないという人は、弱酸性のデリケートゾーン用ソープを十分に泡立てて洗いましょう。

Q6.意外と知らない!デリケートゾーンの正しい洗い方って?

A6:自分の外陰部の構造をきちんと知ったうえで洗いましょう

デリケートゾーンの正しい洗い方って?

Mikhaylovskiy/Shutterstock.com

吉本先生:大切なのは、自分の外陰部の構造を知ったうえで正しい洗い方を身につけること! 外陰部の構造を知らない&何も考えずにサッサッと洗ってしまっては汚れがきれいに洗い流せず、乾燥やかぶれなどの肌トラブルを引き起こすことも

以上を踏まえた基本の洗い方は、アンダーヘア、尿道口、膣口、会陰、肛門と前から後ろに向かって“指で優しくなで洗い”です。小陰唇の裏側は垢や汚れがたまりやすいので、めくって丁寧に洗います。膣内や粘膜部分は過度に洗わないよう気をつけましょう。

Q7.デリケートゾーンを保湿する必要はありますか?

A7:触ってみてカサカサしているときは保湿ケアをしたほうがベター

デリケートゾーンを保湿する必要はありますか?

 Natalia44/Shutterstock.com

吉本先生:外陰部は汗や皮脂の分泌量が多く、粘膜が近くにある部分。下着などでつねに覆われていることもあって湿度や温度が高まって蒸れやすい環境なので、とくに保湿ケアを意識しなくても問題ありません。

ところが、頻繁に摩擦ダメージを与えてしまったり、VIO脱毛後でアンダーヘアが少なかったりすると、肌のバリア機能が低下して乾燥しやすくなるのです。触ってみてカサカサと乾燥したような手触りがあれば、デリケートゾーン用のローションやオイルなどでうるおいを与えましょう。かゆみや痛みを伴う場合は別の症状の可能性があるので、皮膚科や婦人科で診てもらってください。

Q8.デリケートゾーンにかゆみがあるのですが、どうしたらいいですか?

A8:まずは保湿をして、皮膚を乾燥させないように!

デリケートゾーンにかゆみがあるのですが、どうしたらいいですか?

ANN PATCHANAN/Shutterstock.com
 

吉本先生:清潔を保とうとするあまり外陰部を洗いすぎたか、おりものの付着で皮膚が荒れることで乾燥するパターンのどちらかが多いです。そのため、かゆみを感じたらまずは保湿してみるとよいでしょう。日頃からウォシュレットやボディソープで洗いすぎないよう心がけ、そもそも乾燥させないようにするのがポイント!

それでもよくならない場合は、細菌感染によるかゆみの可能性があります。このかゆみは炎症が起こっているので、婦人科で塗り薬を処方してもらうなど適切な治療を受けてください。市販の塗り薬だと、かゆみはおさまっても炎症までは治せない場合があります。

Q9.お風呂のあと、腟からドバッと水が出ることがあるのはなぜ?

A9:骨盤底筋群の筋力が低下し、腟口が広がりやすくなっているから

お風呂のあと、腟からドバッと水が出ることがあるのはなぜ?

吉本先生:腟に水が入るのは、膀胱や子宮、大腸、小腸、尿道などの臓器をハンモックのように支える“骨盤底筋群”の筋力が低下していることがおもな原因。日頃の姿勢不良や日常動作、出産、加齢などのあらゆる影響を受けることで低下し、腟がゆるんでしまっているのです。

また、入浴時に足を上げて座るのはお産と同じような姿勢になるため、腟口が広がりやすくなって水が入ることもあると思います。座り方的に水が入ってしまうのはある程度は仕方ないとして、骨盤底筋を鍛えて腟を締める練習をすれば対策できるはずです。

Q10.腟洗浄器を使うベストタイミングってあるの?

A10:においや不快感が気になるときに。ただ、基本的には使わなくてOK

腟洗浄器を使うベストタイミングってあるの?

吉本先生:腟は自浄作用が備わっているため、腟内を洗おうとしなくても大丈夫です。そもそも腟は複雑な構造をしているため、たとえ婦人科で適切に腟洗浄を行なったとしても完全にきれいにはなりません。かつては診察前に腟洗浄をすることもありましたが、腟内の常在菌を落としすぎないためにも、現在は不必要な腟洗浄はしない風潮になってきているのです。


しかし、においや不快感が気になってしまい、シャワーや温水洗浄便座のビデを使って頻繁に洗ってしまう人も多いと聞きます。雑菌繁殖リスクの高い水道水で洗うくらいならば、乳酸菌配合の腟内洗浄アイテムを使っていただくほうがいいと思います。乳酸菌配合や弱酸性であれば、腟内環境のバランスを乱さずに済むからです。

吉本裕子(よしもとゆうこ)先生

吉本レディースクリニック院長

吉本裕子(よしもとゆうこ)先生

産婦人科医。日本専門医機構認定専門医。高知医大(現・高知大学医学部)卒業。金沢大学付属病院、富山市民病院を経て現職。NPO法人女性医療ネットワーク理事、富山市医師会理事、性暴力被害ワンストップ支援センター富山協力医師、女性被害者支援ネットワーク医師、富山大学人間発達科学部附属中学校評議員。吉本レディースクリニックは、病気治療だけでなく、女性の人生に寄り添い、心身の拠り所となるクリニックとして定評がある。『Rp.+(レシピプラス)VOL.21 NO.1 2022冬「ホルモンとくすり」』(南山堂)共同執筆。

取材・文・イラスト/井上ハナエ 構成/木村美紀