自分の体について、どのくらい知っていますか? 自分をケアするためには、自分の体をよく知ることが必要です。また、他者とコミュニケーションを取る上でも、自分とは違う体について正しい知識をもっておくことが欠かせません。yoiでは、男性同士でも話題に上る機会が少ないという男性の体や性器にまつわる悩みやギモンを聞き込み調査。プライベートケアクリニック東京・東京院の院長である小堀善友先生にお答えいただいた内容を一挙ご紹介します。

専門医が回答!男性の体Q&Aまとめ

Q1.“男性器”ってペニスのことですか?

A1.ぺニスを含め、生殖機能を司る器官の総称です

男性器イラスト 横

男性器イラスト 正面

小堀先生:男性器の主な役割は、男性ホルモンの生成&分泌、性交、排尿です。

子どもをつくるために男性ホルモンと精子が生成され、性交時に女性の膣に挿入しやすいようぺニスが勃起し、ぺニスに刺激を受けることで脳と脊髄に信号が送られ、射精が起こって受精に至ります。

男性器は排泄器と生殖器が一緒になっている構造が特徴的で、見た目も女性器とは大きく異なりますが、生殖機能を支える役割という点では似ている部分も。

Q2.個人差のあるペニスの形。機能的な違いもありますか?

A2.機能的な違いはないので気にしなくてOK

個人差のあるペニスの形。機能的な違いもありますか?

小堀先生:根元から亀頭にかけて徐々に細い、全体的に太くて短い、陰茎の中間だけ太い、陰茎に対して亀頭だけが大きい…など、これまで診察を通してさまざまなぺニスを見てきました。人それぞれの形があるのは当たり前のことですし、健康や機能面に悪影響はないので気にしすぎなくて大丈夫。

とはいえ、自分の心と体が成長していく過程で、他人との違いに敏感になってしまう時期は男女関係なく誰しもありますよね。私の印象だと、男性の若い頃に多い悩みの代表格は「仮性包茎(かせいほうけい)」です。平常時のペニス全体が包皮で覆われていても、勃起すれば亀頭を露出することができます。排尿もセックスも問題なく行えるため、健康的にも機能的にも問題ありません。

仮性包茎を気にしてクリニックを受診するのは世界中でも日本くらいです。私は自分の患者さんに対しては、仮性包茎は日常生活で生じる問題はなく、病気でもないので手術する必要はないと断言しています。

Q3.包茎の種類と特徴が知りたい。デメリットはありますか?

A3.大きく分けると、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3種類

仮性包茎イラスト

【仮性包茎】
普段は亀頭が包皮で覆われているが、勃起時には露出が可能な状態。排尿やセックスなど機能的な影響はほとんどない。

真性包茎イラスト

【真性包茎】
先端の包皮口が亀頭よりも小さく、亀頭をまったく露出することができない状態。亀頭を露出できない原因によってタイプが分かれ、亀頭と包皮内側が癒着して剥くことができない「癒着型」、包皮口が極度に狭い「強度絞扼型(きょうどこうやくがた)」、強度絞扼型よりもさらに包皮口が狭くかろうじて排泄できる程度の穴しか開いていない「ピンホール型」、これらのいくつかが複合している「混合型」がある。

カントン包茎イラスト

【カントン包茎】


医学的には仮性包茎の「強度絞扼型」に分類される状態。勃起時に亀頭を露出することはできるが、包皮口が極度に狭いために亀頭の下部を輪ゴムでギュッと締め付けたようになり、包皮が腫れて鬱血状態になると痛みを伴う。また、平常時が包茎である人が包皮を無理やり剥いて亀頭を露出し、そのまま放置したところ元に戻せなくなってカントン包茎の症状が出るパターンもある。

小堀先生:真性包茎とカントン包茎に関しては、排尿やセックスに支障が出やすいため手術することをおすすめします。余剰な皮を切り取って亀頭を露出しやすくする手術が有効です。日常生活や健康上に不便がある場合は保険診療が適用されます。また真性包茎とカントン包茎は包皮が剥きにくいことから、包皮内側をきちんと洗えず、恥垢という白っぽい汚れが溜まって「亀頭包皮炎(きとうほうひえん)」が起きやすくなります。気にしすぎなくてもよいのですが、セックスの際にペニスに汚れがついたままだと、不潔に見えて嫌がられる可能性も。

Q4.包茎手術にかかる費用や時間、リスクが知りたい!

A4.手術は短時間ですが、費用とリスクはピンキリです

包茎手術にかかる費用や時間、リスクが知りたい!

小堀先生:包茎手術では包皮の余剰な部分や狭窄している部分を切り取ります。状態によって手術方法はさまざまですが、たいてい1時間程度で終了。費用に関してはクリニックごとに提供しているサービスが異なり、自費診療で5〜100万円ほど。ただ、ほとんどのクリニックは自費診療で対応していて、包茎手術は美容医療的な位置づけになっている印象ですね。

小堀先生:リスクの点でいうと、金銭トラブルが非常に多く、例えば10万円の手術に合意して署名したものの、麻酔をかけてもう後戻りできない状態からオプション代金がどんどん加算され、最終的に50万円以上かかってしまった…なんてことが。それ以外にも、手術後に排尿障害や性機能障害といった機能的な問題が発生するケースも多々あるので、くれぐれもクリニック選びは慎重に! 

Q5.ペニスの包皮は早いうちに剥いたほうがいい?

A5.“剥く”よりも“洗って清潔にする”ことを目的に!

ペニスの包皮は早いうちに剥いたほうがいい?

小堀先生:幼児期から自発的に包皮を剥く行為としては、泌尿器科医の岩室紳也先生が提唱し始めた「むきむき体操」が有名です。しかしこれは早いうちに剥くことではなく、“包皮を剥いてペニスを洗う習慣をつけてきれいにしておく”のが目的!

剥くことを目的にしてよく起こるトラブルは、男児の包皮を剥いてそのまま放置したら戻せなくなり、亀頭が鬱血するカントン包茎のような症状が出てしまって夜間救急に運ばれてくるケース。その場合、可哀想ですが強い痛みを我慢してもらいながら包皮を元の状態に戻すしか方法がありません…。あくまでもペニスを清潔にすることを目的に、無理のない範囲で包皮を剥き、洗ったら元に戻すことを忘れずに! 

Q6.ペニスや睾丸の正しい洗い方ってあるんですか?

A6.ぬるま湯で洗い流す程度でOK

ペニスや睾丸の正しい洗い方ってあるんですか?

小堀先生:生殖器は皮膚が薄いデリケートな部分なので、基本的にはぬるま湯で優しく洗い流すくらいで十分とされています。シャワーでアンダーヘア、肛門、ペニスと睾丸は裏側まで濡らしながら、最後に亀頭部分を洗って恥垢や汚れを落とします。普段から亀頭が露出していない人は包皮を無理のない範囲で剥いて、洗った後はきちんと包皮を元に戻しましょう。アンダーヘアや表皮部分は泡で軽く洗っても多少問題ありませんが、くれぐれもゴシゴシ洗いはしないように。とくに皮膚が粘膜のように薄くて繊細な亀頭は傷つきやすいため、かならずぬるま湯のみで洗ってください。

きれいにすることが目的ですので、男児の場合は無理に包皮をむく必要はありません。二次性徴とともに、皮は剥けやすくなってきますので、洗える範囲できれいにしてもらえば結構です。

Q7.ペニスや睾丸をきちんと洗えていないとどうなりますか?

A7.亀頭包皮炎や接触性皮膚炎が起きやすくなります!

ペニスや睾丸をきちんと洗えていないとどうなりますか?

小堀先生:きちんと洗えていないと恥垢が溜まって「亀頭包皮炎(きとうほうひえん)」が起きやすくなりますが、実は過度に洗う行為も恥垢が大量に溜まる原因になります。恥垢が溜まりやすいから…と丁寧にゴシゴシ洗っているのに、1日もたたないうちにぺニスに恥垢がべっとり溜まってしまう人も! 洗わなくても洗いすぎても恥垢が溜まりやすくなるので、ほどほどに洗う意識を持つことが大切です

洗いすぎによって恥垢が溜まりやすくなるのは、「接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)」が起きて免疫力が落ちるから。ほぼ粘膜に近い亀頭や亀頭冠状溝に炎症が起き、赤みやむくみなどの症状が発生。

亀頭包皮炎や接触性皮膚炎によって炎症が起きたら、最寄りの泌尿器科を受診してください。

Q8.ペニスの亀頭や裏筋に白くて小さなブツブツが。これって性病ですか?

A8.ブツブツの状態によって性病とそうでないものがあります

ペニスの亀頭や裏筋に白くて小さなブツブツが。これって性病ですか?

小堀先生:亀頭の周囲や冠状溝(亀頭の付け根)、陰茎の側面などに生じる白っぽくて細かいブツブツは「真珠様陰茎小丘疹(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん)」と呼ばれ、性感染症ではないイボのことです。粘膜下の脂腺が透けて黄色っぽく見えることもありますが、生理的変化で生じる無害なイボなのでセックスによって感染することはありません。

ただ、真珠様陰茎小丘疹は治療の必要はないのですが、性感染症である「尖圭コンジローマ(せんけいこんじろーま)」と見た目が似ているため見分けがつかないパターンも! ブツブツの状態が生理的なものか、それとも性感染症であるかは、実際に診察してみないと判断できません。もしもブツブツが増えたり、範囲が広がっていたり、ブツブツが鶏のトサカやレンガが積み重なっているように見えるなどの変化があるなら、尖圭コンジローマの可能性が高いので泌尿器科を受診してください。

Q9.ペニスや陰嚢など、男性器の色が年々黒くなっていくのが気になります…

A9.色の変化は当たり前のこととして受け入れましょう

ペニスや陰嚢など、男性器の色が年々黒くなっていくのが気になります…

小堀先生:皮膚の色素は生まれつき個人差があり、そもそも外性器は元から多少は黒ずんでいるものです。加齢による色素沈着も影響していきますし、病気が原因で黒ずむといったことはないので心配ご無用。医学的には何の問題もないので、そんなに気にしすぎず、ありのままを受け入れましょう。

また、女性の外性器は女性ホルモンの増減によって色の濃さが変化するとも聞きますが、男性の場合はホルモンとの因果関係はないと思います。

Q10.陰嚢が大きい人ほど精子が多く性欲が強いって本当?

A10.陰嚢内の精巣(=睾丸)が大きい人はテストステロンや精子の量が多いです!

陰嚢が大きい人ほど精子が多く性欲が強いって本当?

小堀先生:陰嚢そのものというより、陰嚢内部にある精巣(=睾丸)の大きさが関係しています。精巣はテストステロンなどの男性ホルモンと精子を作る役割があり、例外はありますが、精巣(=睾丸)の大きさは精子の生成量や濃度とも相関があります。

また、精巣(=睾丸)が大きい=性欲が強いとされる理由はテストステロンにあります。テストステロンは性欲や勃起のために重要な男性ホルモンですが、二次性徴時に筋肉や骨格の成長を促す役割があります。これも例外はありますが、精巣容積の大きい方がテストステロン分泌が多いと考えられます。その分泌量と生成量は気力や行動力などの精神面にも影響してくるため、日常を活発に過ごせるメリットも大きいと思いますよ。ただし、性欲というものはホルモンだけでは説明できない場合もありますので、注意が必要です。

小堀善友(こぼりよしとも)先生

プライベートケアクリニック東京・東京院 院長

小堀善友(こぼりよしとも)先生

日本泌尿器科学会専門医、日本性感染症学会認定医、日本性機能学会専門医、日本性科学会セックスセラピストなど多数の資格を保有。金沢大学医学部を卒業後、獨協医科大学越谷病院(現・ 獨協医科大学埼玉医療センター)の泌尿器科に勤務したのち、アメリカ・イリノイ大学に招請研究員として留学。2021年より、プライベートケアクリニック東京 東京院の院長を務める。主に男性性機能障害、男性不妊症、性感染症を専門にしており、ホームページのブログやSNSではメンズヘルスについての情報発信にも取り組む。著書に『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)、『妊活カップルのためのオトコ学』(メディカルトリビューン)、『泌尿器科医が教える「正しいマスターベーション」』(インプレス)などがある。

取材・文/井上ハナエ 企画・構成/木村美紀(yoi)